【有料ツール】Amazon販売価格改定ツール「プライスター」

プライスター

どうも、とみーです!

 

今回はAmazon販売でのお勧め有料ツール、プライスターをご紹介します。

 

30日間の無料お試し期間がありますので、

まずは実際に使用してみて、その後継続するか決められるというのもお勧めするポイントです。

 

プライスターは下記ボタンをクリックしてご確認ください。

 

 

それではさっそく解説に移っていきます!

 

プライスター利用方法

それでは、プライスターの使い方について詳しく解説していきます。

 

FBA出品

HP上部の「出品する」タブにマウスを合わせ、「FBAで出品する」をクリックしてください。

 

price001

 

 

 

商品名・ISBN・ASIN・JANコードのいずれかを検索窓に入力し「検索」をクリックしてください。

 

price002

 

 

 

 

続いて、コンディションタブを「新規」にします。

SKU欄には「任意の商品管理ナンバー」を入力、

コンディション説明欄には「商品のコンディション」を入力して下さい。

 

price003

 

 

 

price004

 

仕入れ価格欄に商品の仕入単価を入力して下さい(FBA手数料を除く)

出品価格には現在のカート価格が表示されます。

変更される場合はこちらに入力して下さい。

 

個数欄に在庫数を入力して下さい。

 

赤字ストッパーとは、自動で販売価格を変更する機能を使用する場合に

使う事の出来るストッパー機能です。

 

「金額」 or 「パーセンテージ」のどちらかを使用する事が可能です。

 

 

 

価格の自動変更欄

 

FBA状態合わせ

【FBA状態合わせ】モードは、高く売りたいときに使えるモードです。
【FBAで出品している場合】
出品されている商品のうち、FBA商品で自分と同じ状態か、よりよい状態の商品の最安値に合わせて出品価格を自動変更します。

【自己発送で出品している場合】
自分と同じ状態か、よりよい状態の商品の最安値に合わせて出品価格を自動変更します。
※自分の出品が新品なら新品を、中古なら中古のみを対象として価格を合わせます。
※最安値の計算は【出品価格+送料の合計価格】です。
※出品価格は仕入価格以下に変更されません。
※条件に合う商品が見つからない場合は価格を変更しません。

 

状態合わせ

【状態合わせ】モードは、なるべく高く&回転を優先します。
【FBAで出品している場合でも自己発送の場合でも】
全商品で自分と同じ状態か、
よりよい状態の商品の最安値に合わせて
出品価格を自動変更します。

・自分の出品が新品なら新品を、中古なら中古のみを対象として価格を合わせます。
・最安値の計算は【出品価格+送料の合計価格】です。
・出品価格は仕入価格以下に変更されません。
・条件に合う商品が見つからない場合は価格を変更しません。

 

FBA最安

【FBA最安値】モードは、FBA商品を早く売りたいときにおすすめです。
【FBAで出品している場合でも自己発送の場合でも】
出品されている商品のうち、新品なら新品のFBA商品の最安値に、中古なら中古のFBA商品の最安値に合わせて出品価格を自動変更します。
※自分の出品が新品なら新品を、中古なら中古のみを対象として価格を合わせます。
※最安値の計算は【出品価格+送料の合計価格】です。
※出品価格は仕入価格以下に変更されません。
※条件に合う商品が見つからない場合は価格を変更しません。

 

最安

【最安値】モードは、安くてもとにかく早く売りたいときにおすすめです。
【FBAで出品している場合でも自己発送の場合でも】
出品されている商品(FBA含む)のうち、最安値の商品に合わせて価格を自動変更します。
※最安値が仕入価格以下の場合、出品価格は仕入れ価格よりも安く変更されます。
※自分の出品が新品なら新品を、中古なら中古のみを対象として価格を合わせます。
※最安値の計算は【出品価格+送料の合計価格】です。
※条件に合う商品が見つからない場合は価格を変更しません。

 

カート価格

カートを獲得している商品価格に合わせます。

 

しない

特に設定をしない場合です。

 

 

 

各種設定が終わりましたら「FBAで出品する」をクリックします。

 

price005

 

 

これで出品商品をプライスターに反映する事が出来ました。

 

 

FBA出品商品の確認

TOP画面上部の「出品したものを見る」にマウスを合わせ、

「FBAの商品を見る」をクリックしてください。

 

price006

 

出品した商品の一覧を確認できます。

 

商品の価格を変更したい場合は、直接入力もしくは、

先述した「価格の自動変更欄」を使用することでも変更が可能です。

 

また、仕入れ価格/赤字ストッパーも手入力で変更が可能です。

 

price007

 

 

 

複数商品の仕入れ価格・赤字ストッパーの設定をする場合は、下記の様に

「その他」から「仕入れ価格&赤字ストッパーを設定する」をクリックしてください。

 

price008

 

 

 

それぞれの項目の適用条件にチェックを入れ、「金額」もしくは「パーセンテージ」を入力します。

 

price009

 

 

 

諸条件に間違いがなければ「変更」をクリックして完了です。

 

price010

 

 

 

プライスターはライバルセラーの動向を確認しつつ、

出品処理~売上管理までを網羅できる優良ツールです。

 

余裕があれば、ぜひ導入を検討してみてください。

 

button
 

 

ここまでの内容でご不明な点やご相談がありましたら、

お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

とみー
Amazon販売の価格改定/在庫管理はプライスターで決まりです!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

プライスター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。