タイ輸入

【タイ輸入】事前リサーチゼロでも月収18万円を達成!【全貌公開】

タイ輸入

先日、タイ輸入ビジネスでも月収18万円を達成しましたので、このようなツイートをしました。

タイ仕入れツアーの様子はこちらの記事で解説しています。

タイ輸入 仕入れツアー
【タイ輸入】バンコク仕入れツアーに参加してきました!先日、9月20日〜24日間の4泊5日というスケジュールで、タイ・バンコク仕入れツアーに参加してきました。 僕の周りでも実践者が増え...

 

上記のツイートにもありますが、今回のタイ輸入で月収18万円突破という成果は、

・タイに行く前の事前リサーチはゼロ
・商品を見た店頭でわずか5分ほどのリサーチ後に仕入れ

 

という感じで、ほとんどタイ輸入商品のリサーチはしていません。

それでいて、現状の利益率は50%超えという驚異的な数字を叩き出すことが出来ていますので、早速ですがこの記事では僕がタイ輸入商品を仕入れる際に重視したポイントについて全てを公開していこうと思います。

なので、これからタイ輸入にチャレンジしてみたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

タイ輸入の事前リサーチはそれほど重要ではない

最近ではタイ輸入に関する情報発信者も増えつつありますが、その多くの方達が唱える「タイ商品の事前リサーチ」について、僕はそれほど重要ではないと感じています。

その根拠としては、僕が実際にタイ輸入商品の事前リサーチを全くすることなく、かつ初回の仕入れにも関わらず月収18万円を突破することが出来たからです。

もちろん、タイ仕入れに行く前に、タイ輸入で利益が取りやすい商品にはどのようなものがあるのかをチェックしておくことは大切です。

ですが、正直なところタイ輸入で取り扱う代表的な商品としては、

・革製品
・シルバーアクセサリー

この2つの商品ジャンルを事前にサクッと見ておく程度で十分です。

そもそも、タイ輸入が注目されている主な理由としては、クロコダイルをメインとした革製品とシルバー925という純度の高いシルバーアクセサリーの品質が高く、それでいて仕入れ価格が安いので大きな利益が取れるという点こそが、参入メリットだからです。

なので、タイ輸入セラーを見つけようと思ったら、タイ輸入製品の中でも特徴的で稼ぎ頭となるクロコダイル革の製品を多く販売しているセラーを追跡していくだけで事足りてしまいます。

特に、初めてタイ仕入れに行く方は事前リサーチを頑張りすぎる傾向にありますが、まだ実際にタイ商品を見たことがない段階で大量にリサーチをかけても判断が難しいはず。

ですので、事前リサーチはそこそこに、クロコダイル革の財布を中心にリサーチをしていきながら、商品画像をいくつか保存していつでも見れるようにするだけで十分です。

あとは、実際にタイの仕入れ先に訪れた際に、自分がピックした商品画像と見比べて同じものがないか、また店頭に並んでいる商品と似たようなものがヤフオクやメルカリで出品されていないかどうかを確認していく方が遥かに効率的ですよ!

実際にタイで仕入れた商品がこちら

ここはもう百聞は一見にしかずということで、僕が実際にタイで仕入れて販売した商品を一部ではありますが公開します!

もちろん、事前リサーチは無しで、わずか5分ほど店頭でメルカリをチェックして仕入れを決めた商品たちです。

 

①エイ革長財布
②リザード長財布
③クロコダイル長財布

特別に、仕入れ価格と最終利益額・利益率も公開。

①:仕入れ価格:7,000円 販売価格:19,000円 最終利益額:9,370円(利益率49%)

②:仕入れ価格:15,750円 販売価格:29,800円 最終利益額:10,340円(利益率34%)

③:仕入れ価格:8,750円 販売価格:20,000円 最終利益額:8,620円(利益率43%)

こんな感じで、完全に単純転売ではありますがこれだけ高い利益額と利益率が実現します。

正直、もっと高値で売ることも十分できたなと感じていますので、タイ輸入で仕入れる革製品であれば1商品で1万円以上の利益額はアベレージで狙えるなという感覚です。

タイ輸入の初回仕入れで重視したチェックポイント

僕がタイ輸入でリサーチをしたのは店頭でのわずかな時間だけでしたが、その中でも特に注意して確認していたポイントは以下の3つです。

大衆ウケしそうなデザイン

奇抜すぎるデザインや柄の商品は仕入れを避けて、ある程度気に入ってくれる人が多そうなデザイン(万人ウケするような)の商品を中心に仕入れを行いました。

ニッチなジャンルや顧客を狙い撃ちする販売戦略は、ある程度タイ輸入のコツを掴んでOEM商品を作成・販売するような段階で十分です。

タイ輸入は中国輸入に比べるとライバルセラーが圧倒的に少ないので、現時点である程度流通しているタイ商品と全く同じ(もしくは似ている)商品を仕入れて販売すれば、上記のような高値で売れていくという究極の相乗り戦法が成立しますし、初心者にとっては1番リスクが低くて確実な戦略です。

最近になってタイ輸入の実践者も増えてきましたが、ネット仕入れが出来ないという参入障壁も踏まえると2019年内は相乗りでもまだまだ数字は作れそうです。

利益率50%以上を狙えそうか?

続いて利益率。せっかくタイまで来て仕入れるなら確実に利益を取りたいですよね。
僕は利益率が50%以上取れそうな商品に絞って仕入れ対象としていました。

タイ製品は本当に安くて質の高い商品が多いので、それほど神経質になる必要はありませんが、仕入れ値の3倍以上の価格で売れそうかな?という感覚は常に持っていたいところですね。

仕入れ値の3倍以上で売れれば、ざっくりですが利益率は66%ですので、そこに諸経費や多少の値下がりが起きても利益率50%が十分に狙えるからです。

繰り返しになりますが、タイ輸入で利益率30〜40%代はアベレージですので、どうせなら利益率50%以上を貪欲に狙いにいきましょう!

こちらは牛革の財布ですが、メルカリで多少の値下げに応じても利益率が52%を超えました。

商品細部の品質チェック

いくらタイ製品の品質が良いと言えども、日本のように厳しい品質管理はなされていません。

僕が実際に仕入れに訪れた仕入れ先でも、商品によっては店頭に雑に並べられていたり、細かい部分をチェックすると、革製品の縫製不良やボンドなどの糊が漏れている部分が見受けられたりもしました。

また、最近では仕入れツアーでお店を訪問する日本人セラーも増えていて、多くの人が商品を直接手にとっている可能性が高いです。当然、汚れやシミが付いてしまうことも十分起こり得るので、仕入れ時には商品の品質チェックを漏れなく行いましょう!

 

以上、僕がタイ輸入初めての仕入れで、事前リサーチを全くしないでも月収18万円を達成した全貌についてお届けしました。

タイ輸入は今後も実践者が増えていくとは思いますが、まだまだ競合は少ないですし、正しい知識を身に付けて基本さえマスターしてしまえば、それほど難易度は高くありません。

この記事を参考に、少しでもタイ輸入ビジネスに興味を持って頂ければ僕も嬉しいです!

タイ輸入 商品リスト
【タイ輸入】利益18万円分の商品リストとその仕入れ先を全て公開!タイ輸入で月利18万円を達成した商品リストを公開! 当コンテンツでは、僕がタイ輸入で純利益18万円を達成した実際の商品と、その仕入れ先...
ABOUT ME
とみー / 富岡 浩之
1986年生まれの32歳。静岡県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、商社勤務を経て起業。商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。

中国輸入ビジネス オンライン教材 

「Import Business Theory」

多くの実績者が学んだ輸入ビジネスのオンライン教材を
メルマガ読者限定で無料プレゼント中!

 » 無料でダウンロードする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です