ビジネスパートナーの重要性×YouTubeラジオ第3回!

ラジオ@Me Vol.03

 

どうも、とみーです!

 

今回は僕の商社勤務時代の経験を基に、

輸入通関経験談をシェアしていきたいと思います。

 

個人で輸入ビジネスを実践されている多くの方が、

OCSDHLといった輸送業者を利用して荷物の

輸出入を行っています。

 

この海外輸送業者は、法人個人問わず、

様々な人達が様々なシーンで日々利用しています。

 

 

「ちょっとサンプルが欲しいから、クーリエで送って!」

 

 

「クーリエで送った荷物の送り状ナンバー教えて!!」

 

なんていい方をするのが業界的なのですが(笑)、

 

ん?

クーリエって何??

 

そう思う方がほとんどだと思います。

 

 

クーリエとは、元々手紙を届けるメッセンジャーの
Courier(クーリエ)が由来であると言われています。

 

そのなごりからか、

貿易シーンではOCSやDHLと

いった輸送業者を使用しての

海外発送を意味します。

 

このクーリエ便では、

それほどたくさんの荷物を一度には

送れないのですが、

 

少量の荷物を発送するシーンでは

とても重宝するサービスです。

 

何と言ってもその利点は、通関が切れるまでの

速さと荷物が届くまでのスピード面です。

 

ただし、

 

いくら通関が切れるのが速いと言っても、

荷物が日本に入ってきて、

数分で通関が切れるなんてことはあり得ません。

 

その航空便が付いた空港が成田なのか、

それとも羽田なのか。

 

そして荷物を送り届けるエリアによっても、

荷物を受け取れるまでの仕組みや

到着までの所要日数は異なります。

 

そこに悪天候でのフライト遅れや、

自分の荷物がオーバースペースの為

ドロップされてしまうなんてこともあり得ます。

 

この辺の【感覚】や【トラブル対処法】は、

実務の中でかなり修行を積んだので、

通関で困ったことや疑問点があれば

幅広く相談に乗れます。

 

僕も通関トラブルにはホントーに

苦労させられました^^;

 

でも、

 

始発で空港まで荷物を受け取りに行き、

通関が切れるのを今か今かと待ち続けた

あの経験が、今のビジネスに生きています(笑)

 

なので、もし通関で困ったことや、

トラブルが生じたら、

遠慮無く僕に相談してくださいね!

 

 

このように、通関が切れる為の重要な

判断要素だったり、その荷物が今日届くのか、

それとも届かないのかを分けるポイントなどなど。

 

輸入ビジネスを実践するのであれば、

輸入通関についての知識を身に付けることで、

より深く輸入ビジネスも構築が

出来るようになります(^^)

 

様々な角度から、自分のビジネスについての知識を

増やしていくことも大切な成長要素ですよ。

 

 

 

それでは、大変長らくお待たせしました!

アツシさんとのYouTubeラジオ

第3回目の配信です!!

 

 

今回のテーマは以下の通り、

20分を超える盛り沢山な音声と

なっています(^^)

 

 

====================

1.アツシさんとの出会い
2.ビジネスパートナーの重要性
3.情報発信ビジネスで出来ること

====================

 

 

このラジオでは、

僕とアツシさんがどうやって知りあったのか、

気になる馴れ初めについてもお話しています(笑)

 

また、

 

ビジネスパートナーの必要性やその意義、

輸入ビジネス×情報発信の魅力についても

かなり深い内容までお話させて頂きました。

 

とても大切な部分について話したので、

いつにもなく真面目なラジオに

仕上がっています(笑)

 

ぜひ、いつもと違う雰囲気の

僕達のラジオをお楽しみください^^

 

 

P.S.

いよいよアツシさんとの輸入教材が発売間近です。

近日中に予約を受け付けます。

 

もちろん先行予約をお申し込み頂いた方限定での

特典も盛り沢山です。

 

 

ぜひ、楽しみにしていてくださいね!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

ラジオ@Me Vol.03

2 件のコメント

    • spoonさん

      初めまして!
      コメント有り難うございます^^

      今後もお役立ち情報を発信していきますので、
      ぜひお楽しみに!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。