ラジオ@Me Vol.16×成果が出るまでやり切る意識の重要性について

ラジオ@Me Vol.16

 

どうも、とみーです!

 

 

今日から7月に入りましたね。

2016年も後半に突入しましたが、

今日の内に下半期の具体的な目標を

設定しておくことをお勧めします。

 

 

やはり具体的な目標が頭の中に

あるのとないのとでは、作業スピードも

効率も群を抜いて差が生じます。

 

 

~下半期の計は下半期元日の今日にあり~

 

 

2016年の下半期が飛躍の日々となるように、

これから挑戦したいことを書き出して

頭の中を整理してみましょう。

 

 

 

それでは、本日のトピックです!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<Table Of Contents>

 

1.6月も新たな実績者が続々誕生!

 

2.ラジオ@Me Vol.16

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

6月も新たな実績者が続々誕生!

 

僕とアツシさん共同主催のコンサルティング企画

『@Me Liner』のクライアントさんの中から、

6月は新たに2名の月収10万円達成者が誕生しました!

 

 

その中から本日ご紹介するのは、

副業での実践ながら中国輸入ビジネスで

月収12万円を達成した船田さんです。

 

 

【船田さんの喜びの声はこちら】

クライアントの船田さんが月収12万円を達成しました

2016.07.01

 

 

船田さんは商品リサーチを重ねるごとに

1つの商品に対する考察力に磨きがかかり、

需要と供給バランスについてかなり深い部分まで

考えられるようになっていったのがとても印象的です。

 

 

・この商品を選定したポイント

 

・需要と供給バランスに対する自分の考え

 

・なぜこの数量仕入れるのか

 

 

などなど、

 

 

僕に提出する全ての商品にご自身の考えが

明記されていて、その思考の深さには驚かされました。

 

 

船田さん、改めて月収12万円達成おめでとうございます!

 

 

 

このように、@Me Linerでは毎月実績者が輩出されているのですが

やはりコミュニティの力って凄いなと改めて感じています。

 

 

ビジネスで成果を出す為には個人の頑張りは

もちろん必要なのですが、そこに加えて同じ

目標に向かって進んでいる仲間の存在は大きいです。

 

 

時には負けたくないライバルとして、

時には共に喜び合える同志として、

 

 

これからも@Me Linerでは

「ビジネス×仲間」という部分を大切にしながら

クライアントさんを全力で引き上げていこうと思います!

 

 

ラジオ@Me Vol.16

 

少し更新期間が空いてしまいましたが、

ラジオ@Me第16回目をお届けします!

 

【ラジオ@Me Vol.16】

 

ラジオトピックは以下の通りです。

 

—————————————-

【ラジオ@Me Vol.16】

 

1.成果が出るまでやり切る意識の重要性

 

2.@Me Linerの近況報告

 

3.とみー&アツシ2016年後半の活動予定

 

—————————————-

 

 

今回は僕がアツシさんのお宅におじゃまして、

特別対談形式にて収録させて頂きました(^^)

 

 

第16回目のラジオ@Meでは、

成果が出るまでやり切る意識の重要性について

『トンネルは掘りきれ!』という言葉と共に

アツシさんと語らせて頂きました。

 

 

ゴールが見えない不安って、

実は想像以上に前進する意欲を削がれます。

 

 

例えばマラソンをしていても、あと10キロ先にゴールがある!

と分かっていればペース配分や調整が出来ますが、

そもそも何キロ先にゴールがあるか分からない

マラソンだったら走るのもこわいですよね^^;

 

 

ビジネスも同じでゴールが見えないと

不安ですしスパートもかけられません。

 

 

今回のラジオではトンネルを掘り続ける為の

具体的な方法についてもお話していますので、

ぜひ今後のビジネスにも活かして頂けたらと思います。

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

ラジオ@Me Vol.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。