ラジオ@Me Vol.13×お金を稼ぐと本当にモテるのか?

ラジオ@Me Vol.13

 

そろそろ夏に向けて洋服を

買いたくなってきたとみーです。

 

 

僕は買い物が大好きなのですが、

なかでもとりわけ好きなのは

洋服と文房具を買う瞬間です(笑)

 

 

洋服は1度でも試着をしてしまうと

それを諦めきれずに買ってしまいますし、

 

 

文房具に関しては、専門店はもちろん

コンビニの文房具コーナーも

必ずチェックするほど好きです。

 

 

ちなみに僕の好きな多機能ペンはこちら

 

※アフィリエイトリンクではありません(笑)

 

 

このジェットストリームシリーズは

書き心地がなめらかでお気に入りです。

 

 

商社勤務時代に海外駐在をしていたとき、

バングラデシュの事務所で現地スタッフに

このペンをプレゼントしたら、

 

 

「もう他のペンでは書けない!」と言っていました笑

 

 

他にもお勧めの文房具商品がありましたら、

ぜひ僕に教えてくださいね!

 

 

それでは、本日のトピックです。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

<Table Of Contents>

 

1.売上至上主義者の盲点

 

2.ラジオ@Me【Vol.13】

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

売上至上主義者の盲点

 

 

先日配信したメルマガで反響が大きかったので

改めてブログ記事にポイントをまとめてみました。

 

 

【売上至上主義者の盲点とは?】

輸入ビジネスで追い求めるべきは利益額×売上至上主義の盲点

2016.05.25

 

 

輸入ビジネスを実践していく中で

売上至上主義者が陥る盲点について

解説しています。

 

 

僕自身も輸入ビジネスを開始した当初は

月商を大きくする為に仕入れを拡大させて

不良在庫を多く抱えてしまっていました。

 

 

仕入れのないところに売上は立たないので

利益を増やしていこうとしたら仕入れを増やして

売上額も大きくしていく必要があるのですが、

 

 

あくまで『需要と利益が見込める』商品の

仕入れを増やしていかなければなりません。

 

 

どうしても月商(売上)が大きくなってくると

扱う物量や商品数も増えて不良在庫を抱える

確立も高くなってきます。

 

 

仕入れた商品の回転率を常にチェックしながら

いかに仕入れた商品を販売して現金化出来るか?

というポイントに重きを置いていきましょう。

 

 

それこそが、

 

 

多くの輸入ビジネスプレーヤーが感じる

「稼いでいる感の無さ」解消の手段であり、

キャッシュフロー改善の為の最善策です。

 

 

ぜひ、この点を意識して

商品回転率を高めていきましょうね!

 

 

 

ラジオ@Me【Vol.13】

 

 

毎週金曜日のお楽しみ!

ラジオ@Meをお届けします(^^)

 

 

【ラジオ@Me Vol.13】

 

 

今回のラジオは普段と少し趣向を変えて

以下のテーマについてアツシさんと語ってみました。

 

 

——————————————

【ラジオ@Me Vol.13】

 

1.お金を稼ぐと本当にモテるのか?

2.男として大事にしているマインド

3.とみーとアツシが今挑戦していること

 

——————————————

 

 

第13回目のラジオ@Meでは

ズバリ、お金持ちはモテるのか?という

永遠のテーマについて語ってみました(笑)

 

 

この難しいテーマについて

僕とアツシさんがリハーサル無しの

1発録りでお送りする「ゆるふわ感」も

楽しみつつ聴いて頂けたらなと思います。

 

 

そして2つ目のトピックは

僕たちが男として大事にしている

マインドについてお話しています。

 

 

僕とアツシさんがここからの

2016年下半期を駆け抜けていく中で

大切にしているマインドはどのようなものなのか?

 

 

ぜひ、ラジオを聴いて知って頂けたら嬉しいです。

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

ラジオ@Me Vol.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。