PROFILE

はじめまして!とみーです。

まずは、簡単にではありますが、自己紹介をさせて頂きます。

プロフィール

Name:とみー

Age:31歳(1986年生まれ)

Address:静岡県

Hobby:野球/フットサル/バスケ/旅行/買い物/映画鑑賞/カフェ巡り/読書/etc.

Favorite Actor:麻生久美子/柴咲コウ

Personal:マイペース/温厚/でも意外と負けず嫌い

Favorite Words:“Life is like a box of chocolates. You never know what your gonna get until you open it up.”

「人生はチョコレートの箱のようなものだ。開けてみなければ、中身はわからない」

高校までは、順調でした(笑)

高校までは、静岡県の田舎町で育ちました。地元は海が綺麗で、温泉も多い観光地です。

実家から徒歩15秒で海に出れるくらいでしたので、小学校時代はほぼ毎日、友達と砂浜で遊んでいました。野球とバスケが多かったかな。

決して裕福な家ではありませんでしたが、特にグレることなく成長できたのは、大自然に囲まれていたからかもしれません!

 

幼い頃から野球が大好きで、地元の少年野球チームに入っていました。

中学では野球部がなかったので、(田舎あるあるですね)次に好きだった、バスケット部に入部。

当時はスラムダンクが流行っていて、ミッチーの3Pシュートに憧れて猛練習、試合でも3Pシュートばかり狙ってました。(笑)

部活の仲間にも恵まれて、勉強にも困ることはなく、充実した3年間を過ごしました。

 

そして高校進学。念願の野球部に入部しました。

田舎町の公立高校で、毎年1回戦負けする弱小チームでしたが、毎日朝練と夜遅くまでの練習を繰り返し、約半世紀ぶりのベスト16まで進めたのは、とてもいい思い出です。

しかし、部活に全てを注いだ高校生活です。当然ながら、勉強する時間はありませんでした。

中学時代は勉強で困ることが無かったのですが、さすがにこの辺りから成績も一気に下降していきました。

数学のテストで7点という成績を叩き出したときは、マイペースな僕もさすがに焦りました(笑)

高校卒業 → 浪人生活へ 

田舎の公立高校とはいえ、進学高でしたので、多くの生徒が大学進学を目指すわけです。

当然ながら当時の僕も、大学進学は当たり前と思っていました。

中学まではそこそこ勉強の成績も良かったので、まあ、勉強すればなんとか大学に受かるだろうと、軽く考えていました。

・・・が。

高校生活2年半を部活に捧げた代償は大きく、第一志望の大学入試は全滅。

大学受験で、人生そんなに甘くないぞと思い知らされました。

浪人1年目は地元でアルバイトをしながら勉強を続けますが、志望校は不合格。。。

今思うと、浪人1年目は気持ちがたるんでしまい、十分な努力が出来ていなかったですね。

浪人2年目は決意を改めて、都内の予備校で寮生活をしながら受験勉強。
この予備校時代が、人生で初めて本気になれた1年間だったかもしれません。

起きている時間のほぼ全てを受験勉強に費やし、毎日12時間以上は机に向かっていました。

その結果、第1志望でった早稲田大学に合格することができました。

大学進学に2年間を費やしましたが、受験勉強を通して自分の弱さを知る事ができたし、努力が報われる嬉しさや達成感も経験することができたので、自分としてはとてもいい経験になったなと、今では思っています。

大学時代は、勉強そこそこに、バイトと遊びに全力で過ごしていました。
この4年間で素敵な仲間とたくさん出会い、交友関係も一気に広がりました。

大学時代の友人とは今でも交流があり、お互いに近況報告をしながら、とても刺激を受けています。

サラリーマンに絶望したあの日

大学を卒業後、商社に就職しました。

商社という華やかなイメージと第一志望の会社に就職出来たという事もあって、これから始まるであろう、順風満帆な社会人生活への期待に胸を膨らませていました。

バリバリ働いて、俺もかっこいい商社マンになってみせる!!

とてもワクワクしながら、サラリーマン生活が始まったのを今でも覚えています。

ですが、僕のこの淡い理想は、あっという間に崩壊させられます。

入社してまず最初に衝撃を受けたのは、想像以上の異様とも思える超激務生活。。。

・数字のプレッシャーと戦いながらも、なんとか耐え続ける毎日。

・仕事が忙しすぎて、家庭の時間を持てない上司。

・何かに追い詰められたかのような表情で働く先輩の姿。

・連日終電まで当たり前のように働き、徹夜や休日出社は当たり前。

・週5日、連日朝まで飲みに付き合わされる。

僕が憧れた、仕事をバリバリこなしながら、プライベートも充実させる憧れの商社マンはそこに存在しませんでした。

うーん、これが現実ってやつか。。。と、

何か一瞬で、薄暗い闇の世界に引きずり込まれた気がしました。

当然、僕もそんな「薄暗い闇」に飲み込まれていくわけですが、石の上にも3年、続けていく中でしか見えてこない部分が絶対あると自分に言い聞かせて、必死に仕事に食らいつきました。

そして脱サラへ

そんな超激務商社マン生活を続けることで見えてきたものは、ますますサラリーマン生活に絶望してしまう負の要素ばかりでした。

友達の誘いも自分のやりたい事も全て犠牲にして、身体がボロボロになるまで働きました。

昔から根性だけは人一倍強くて、気力だけで喰らいついていましたので倒れたことはありませんでしたが、たとえ体調不良で高熱が出ても、仕事が回らないので休んだことはありません。

そして有給休暇も取得した記憶がありません(笑)

僕自身、かなり我慢強いタイプなのですが、さすがにこんな生活を4年近くも送っていたらついに我慢の限界がきました。

・自分の時間すら確保出来ない生活をこのまま送り続けるのか?

・数年後の自分はいったいどうなっている?

・自分の思い描いた理想の人生像は?

そこで、僕が出した答えは・・・

・自分の時間を楽しめる生活を送りたい!!

・この生活を続ける先には、何の希望もない!!

・1度きりの人生を自由で自分らしく生きたい!!

というものでした。

 

はっきり言って、僕はサラリーマン生活に絶望しました。

心の中のどこかでは、いい大学に入って、そこそこな会社に就職すれば、豊かな未来が手に入るのではないかと思っていました。

でも、現実はそうじゃなかった。

2年間必死で勉強して、念願の早稲田大学に入って、第1志望の会社にも就職できた。

でもその結果、頑張って入った会社に自分らしさや自由な時間を奪われるという本末転倒な結果が待ち構えていました。

今までの自分が抱き続けていた価値観が大きく崩れ去りましたね。
会社に務めるということが人生の全てでは無いと強く感じました。

もちろん、商社勤務で多くの貴重な経験をさせて頂いたことは事実です。
商社マンとして、事務作業から商談、ビジネスの基本も教わったし、海外駐在という経験もさせてもらいました。

人生の中でとても有意義な経験ができたと思っていますし、その機会を与えてくれたということには、とても感謝しています。

ただ、僕にとってサラリーマンは失うものが多すぎました。
人生の中の貴重な時間を無駄にしているようで、本当に苦しかった。
そして、そんな生活をこのまま続けていくということに魅力を感じなかった。

だから必然的に、独立起業という選択肢を選びました。

独立起業生活のスタート

会社を辞めて、まず最初に取り組んだのが輸入ビジネスです。

元々、輸入ビジネスには興味があり、商社勤務時代から多くの書籍やネットで情報収集をしていました。

自分の中でもある程度収益化の流れがイメージ出来ていたので、会社を退職後、すぐに輸入ビジネスをスタートさせました。

商社勤務時代の貿易実務経験を頼りに、比較的輸入ビジネスも順調に進んでいき、実践3ヶ月で月収30万円を達成することが出来ました。

その後も順調に利益を伸ばし、輸入ビジネスで安定して40万~50万円の利益を出せるようになりました。

実践開始わずか3カ月という期間で会社員時代の給料以上を稼ぐことができて、嬉しい気持ちと共に自分でビジネスをする楽しさを感じました。

『自分の努力が成果となって必ず自分に跳ね返ってくる』

ビジネスを創り出す面白さに、完全に魅了されました。

今後の展望

現在は輸入ビジネスに加え、情報発信やwebマーケティングを組み合わせてビジネスの幅を広げ、最高月収1000万円を達成するに至ります。

輸入ビジネスの規模拡大はもちろんのこと、今後は多角的な情報発信を通じて僕のように自由で自分らしく生きる力を身につけるためのサポートに重きを置いていきたいと考えています。

『起業』というと、世間ではまだまだどうしても少数派でネガティブなイメージが先行しがちですが、もっと起業を当たり前の世の中に変えていきたいと思っています。

今の時代、インターネットが発展し、SNSなどの普及により個人レベルでの活動範囲は拡大する一方です。

つまり誰しもが、影響力のある個人起業家になれる時代になったと言えます。

・1つの会社で定年まで働き続けることに疑問を抱いている社会人の方

・僕が追い求めたように、自由で自分らしい人生を設計したい方

・とにかく独立起業して自らビジネスをしたい!という方

もしあなたが現状に不満や不安を抱えていて、少しでも自分の人生を自分らしく生きたいと思うのであれば、自分でビジネスを創り出すことに興味があるのであれば、まずは僕とビジネスの仲間となって最初の一歩を踏み出しましょう!

僕が、そんなあなたの少し先を進むペースメーカーとなってこれからあなたが進むべき地図をお渡しすることで、多くの人が自分らしく自由な人生を楽しむためのお手伝いをすることが出来ればと思っています。

 

また、下記のメルマガに登録して頂くことで、いつでも僕にお悩みを相談することができますし、最新のビジネス情報を受け取ることが可能です。

何か新しい事に挑戦するときには必ず不安がつきまとうものなので、まずはお気軽にメルマガに登録して頂き、僕と一緒に歩みを進めていきましょう。

メルマガでは輸入ビジネスで成果を出すためのエッセンスや思考力、そしてビジネスを創り出すのに必要な考え方や具体的に収益を生み出すためのテクニックにも触れています。

ぜひ、1度きりの人生を自由で自分らしく歩んでいきましょう!

中国輸入ビジネス オンライン教材 

「Import Business Theory」

多くの実績者が学んだ輸入ビジネスのオンライン教材を
メルマガ読者限定で無料プレゼント中!

 » 無料でダウンロードする