輸入ビジネスに最適なインターネット回線の選び方

輸入ビジネスに最適なインターネット回線

 

どうも、とみーです!

 

今回は輸入ビジネスを行う際に最適な

インターネット回線の選び方」について解説していきます。

 

ネットビジネスの最大の魅力は、

何と言ってもパソコン1つとインターネットを使用できる環境さえあれば

ビジネスが展開できるという点です。

 

そこで、今回は輸入ビジネスにおけるインターネット環境整備の重要性をお伝えします。

 

 

インターネット回線の種類

そもそもインターネット回線にはどのような種類があるのか、

代表的な「光回線」と「モバイル回線」について詳しく見ていきましょう。

 

 

光回線:費用¥4,000~¥5,000程度

光回線とはその名の通り光を通信に使用しており、電気による影響を受けないので

ノイズなどの通信中の乱れが少なくとても安定したネット通信が可能です。

 

光回線を導入する場合は回線業者による簡単な工事が必要となりますが、

1度導入が完了してしまえば、非常に強く安定した通信環境が整います。

 

もちろん、通信容量の制限もありません。

 

 

モバイル回線:費用¥3,000~¥4,000程度

モバイル回線とはモバイルWi-Fiルーターを使用して利用することができる通信回線です。

手軽に持ち運びができますので、カフェや図書館などの外出先でもネット通信を利用できます。

 

ただし、通信速度は電波状況により大きく影響を受けます。

また、モバイル回線の通信容量には制限が定められているのが一般的です。

 

 

輸入ビジネスに最適なインターネット回線とは?

これらを踏まえて考えてみると、

輸入ビジネスに最も適しているインターネット回線は光回線です。

 

輸入ビジネスでは特に商品リサーチにおいて、

1度に複数のサイトを展開して商品画像を表示しますので、

通信速度が遅い回線を使用しているとサイトの読み込みにとても時間がかかってしまいます。

 

日本のサイト以外にも、通信速度が不安定な海外サイトを多く利用しますので、

 

サイトの読み込みが遅いとそれだけでストレスも溜まりますし、作業も非効率的です。

 

特に商品リサーチは輸入ビジネスにおいて利益に直結する部分なので、

効率よく快適なネット環境を整えていきたいですね。

 

光回線の月額費用も4,000円~5,000円の間には十分収まりますので、

輸入ビジネスで利益を生み出す為の重要な設備投資の1つとして、優先的に整えていきましょう!

 

 

とみー
余裕があれば自宅では光回線、外出先ではモバイル回線を併用することで、商品リサーチなどの作業環境を変えてみるのもお勧めですよ!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

輸入ビジネスに最適なインターネット回線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。