輸入ビジネスで理解しておくべき関税と消費税の知識

関税と消費税の知識

どうも、とみーです!

 

今回の輸入ビジネス基礎知識編では、

輸入ビジネスで理解しておくべき関税と消費税の知識」について解説していきます。

 

これから輸入ビジネスを実践していく上では、

関税と消費税の知識は避けて通れないものですので、十分に理解を深めておきましょう。

 

関税とは?

そもそも関税とは、外国から商品を輸入する際に徴収される税金のことです。

関税を適用することで、価格が安い海外製品から自国の製品や産業自体を

保護する役割を果たしています。

 

関税率は商品項目毎に細かく定められており、海外から商品を輸入する場合には

関税」+「消費税」+「通関手数料」が徴収されます。

 

 

輸入ビジネスにおいて適用される関税について

それでは、輸入ビジネスにおいて適用される関税について具体的に説明していきます。

輸入ビジネスで考えるべき関税の計算は慣れてくるとある程度パターン化出来ますので、

まずはその基本的な仕組みをしっかりと理解していきましょう。

 

個人輸入と商業輸入の違い

輸入ビジネスにおいて海外から商品を輸入する場合、

大きく分けると「個人輸入」と「商業輸入」の2種類があり、

それぞれ輸入関税の算出方法が異なります。

 

個人が使用する目的で海外から商品を輸入する場合は「個人輸入」、

第3者への販売を目的とした輸入の場合は「商業輸入」となります。

 

個人輸入と商業輸入は税関での判断となりますが、

輸入する商品の物量が極端に多くない限り、

個人輸入での関税算出を頭に入れておけば大丈夫です。

 

 

個人輸入の関税算出方法

個人輸入の関税算出方法は以下の通りです。

【個人輸入時の関税算出方法】

課税対象額(商品代金+送料) × 60% × 関税率 = 課税額

個人輸入の場合、関税は商品価格(海外小売価格)の60%の金額が課税対象となり、

課税対象額の合計が10,000円以下であれば免税扱いとなり関税はかかりません。

 

 

商業輸入の関税算出方法

商業輸入の関税算出方法は以下の通りです。

【商業輸入時の関税算出方法】

課税対象額(商品代金+送料) × 関税率 = 課税額

商業輸入の場合は、課税対象額全額に対して輸入関税が課税されます。

 

 

関税率

関税の税率は主に「簡易税率」と「一般税率」とに分けられます。

基本的には一般税率が適用されるのですが、

課税価格の合計が20万円以下の場合はこれとは別に簡易税率が適用されます。

 

これら関税率は商品によって非常に細かく定められていますので、

最終的な関税率に関しては税関に問い合わせて随時確認していきましょう。

 

 

消費税

海外輸入品には関税に加えて消費税も課税されます。

消費税も関税の算出方法と同じく課税対象額に消費税率がかかります。

【個人輸入時の消費税算出方法】

課税対象額(商品代金+送料) × 60% × 0.08 = 消費税額

 

 

関税+消費税の予測見積り

輸入ビジネスでの商品見積りを行う際には、

当然ながらこの関税と消費税も頭に入れておかないといけません。

 

扱う商品によって該当する関税率も異なるので、完全に見積り予測を立てることは難しいですが、

経験則上、商品代金×10%で予測しておけばある程度予測の範囲内に落ち着くので、

ぜひ、見積り時の参考にして頂ければと思います。

 

 

以上、輸入ビジネスに必須の関税と消費税について解説してきました。

 

 

とみー
正確な輸入コストの見積りが出来るように、関税と消費税の知識を身に付けておきましょう!

 

 

関税と消費税の支払い方法については、次の項目を参照ください。

輸入関税と消費税の支払い方法について

2016.07.26

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

関税と消費税の知識

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。