輸入ビジネスで月収10万円が難しく感じてしまった場合の目標設定

輸入ビジネスで月収10万円が難しく感じたら

どうも、とみーです!

 

今回は輸入ビジネスで月収10万円という

目標達成に向けてビジネスを進めていく中で、

どうしてもゴールが遠く感じてしまった場合の対処法」について

具体的に解説していきたいと思います。

 

 

輸入ビジネスで月収10万円という目標が遠く感じたら・・・

 

僕のクライアントさんから頂く

機会が多い相談内容の1つが、

 

「月収10万円と聞くと、難しく感じて手が止まってしまいます」

 

というものです。

 

 

まだ輸入ビジネスを始めたばかりなのに、

いきなり月収10万円目指しましょうと言われても・・・

 

ってやつですよね(笑)

 

中国輸入ビジネスに限らず、

輸入ビジネスで月収10万円というのは

正しい商品リサーチと販売戦略を身に付ければ

間違いなく通過点として到達することが出来ます。

 

ですが、

 

そうは言っても輸入ビジネスを始めて

まだ利益がそれほど出ていない状態であれば、

月収10万円というゴールがはるか彼方にあるように

感じてしまうのも無理はありません。

 

 

まずは月商10万円&利益3万円を狙う

 

そんなときは、少し目線を変えてみて

まずはこの目標を設定してみてください。

 

「月商10万円で利益3万円」

 

どうですか?

 

先程の月収10万円に比べたら、少し現実的にも

到達可能な目標としてゴールが見えてきますよね。

 

まずは月商10万円で利益3万円を残す!という

目標を立てて、そして必ずこれを達成していきましょう。

 

ここで利益が残る商品のリサーチと見積り、

仕入れた後の商品回転率の精査を覚えていけば

自然とこの目標は達成していくことが出来ます。

 

輸入ビジネスで月に10万円の売上を立て、

そして3万円の利益を取る。

 

これが出来ると、

 

なんだ、ちゃんとやれば儲かるじゃん!

 

という感覚になってきます。

 

この感覚を掴んで頂くことが

実はとても大事なのです。

 

この感覚を身に付けると、

月収10万円なんて無理そう・・・と

手が止まってしまっていた頃の自分が

少し懐かしくなってしまうほど意識が変わります。

 

いわゆる『マインドブロックが外れる』というやつですね。

 

月商10万円で利益が3万円残せるようになったら、

輸入ビジネスの規模をその3倍にしていきましょう。

 

具体的には利益が見込める商品数を3倍です。

 

 

これが出来れば仕入れも必然的に3倍、

扱う物量も3倍、売上も・・・利益も・・・。

 

このようにまずは10万の売上を作るところから

順番にステップを踏むことで、月収10万円達成に必要な

作業イメージを明確に持ってビジネスを進めることが出来ます。

 

 

ぜひ、まだ月収10万円の壁を越えられていない場合には

この目標設定を実践して、そしてその達成に向けて

まずは手を動かしていけるようにしましょう!

 

 

とみー
まずは自分が具体的にイメージ出来る目標設定をすることで、具体的な作業量も自分の中に落とし込めますよ!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

輸入ビジネスで月収10万円が難しく感じたら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。