JANコード取得方法を最初から丁寧に

 

どうも、とみーです!

 

今回はAmazon新規出品登録に必須の、

JANコード(GS1事業者コード)の取得方法」について解説していきます。

 

JANコード(GS1事業者コード)とは?

JANコード(GS1事業者コード)とは、一般財団法人流通システム開発センターが

管理・提供している日本の共通商品コードです。

 

商品に付いている13桁の数字が記載しているバーコードとなりますので、

日常生活でも多くの方が目にしているものです。

 

ちなみに、JANコードとは日本国内での名称で、

アメリカやカナダのUPC(Universal Product Code)と互換性のある

国際的な共通商品コードです。

 

 

Amazon新規商品登録にJANコードが必要

Amazonで新規商品を登録する際に、必ずJANコードが必要となります。

 

JANコードを取得出来ていない商品を出品する時には、

商品カテゴリーや商品毎にJANコード無し出品の申請を行う必要があるので

面倒な作業が増え、販売までの時間もかかってしまいます。

 

また、今後オリジナル商品の販売を行う際にもJANコードが必須ですので、

この機会に早めに取得しておきましょう。

 

 

JANコードの取得方法

JANコードを取得する為には、以下の2通りの方法があり、

いずれの場合も、登録申請料1,200円+新規登録申請料10,800円の計12,960円が必要です。

 

①「バーコード利用の手引き GS1事業者コード(JAN企業コード)登録申請書付」という

冊子を購入、もしくは最寄りの商工会議所で入手します。

 

JANコード登録申請

 

 

巻末に付属の登録申請書に記入して、

申請料の領収書のコピーと共に郵送、もしくは商工会議所に提出します。

 

その後、約2週間程で流通センターから登録通知が届きます。(JANコード取得完了)

 

 

②「一般財団法人流通システム開発センターHP」より申し込み

インターネットでも、こちらのページより申し込みが可能です。

 

JANコード取得

 

 

インターネット経由の申し込みであれば、

約1週間程でJANコード登録通知が郵送で届きます。

 

一度事業者コードを申請・登録すれば、

1000種類の自社オリジナルJANコードを取得することができます。

 

 

JANコードを商品に付与する

コードが取得できましたら、早速商品にJANコードを付与してみましょう。

JANコードは、国番号(2桁)+事業者コード(7桁)+商品アイテムコード(3桁)+

チェックデジット(1桁)で構成されています。

 

このうち、事業者コードは先程取得したコードで、

商品アイテムコードは、事業者側で重複に注意しながら付与していきます。

 

チェックデジットとは、「誤読を防止するための検査数字」で、

計算式によって決定します。

 

この計算式はかなり複雑ですので、

「一般財団法人流通システム開発センターHP」のこちらのページにある

自動計算ツールを活用していきましょう。

 

チェックディジット

 

①:「国番号(2桁)+事業者コード(7桁)+商品コード(3桁)」を入力 ⇒ 「計算」をクリックします。

 

②:チェックデジットが表示されます。

 

以上の13桁の数字がJANコードとなりますので、 Amazonで商品登録をする際には

こちらをJANコード欄に入力します。

 

ただし、FBA出品時には、こちらのバーコードではなく、

Amazonが発行するバーコードを印刷して貼り付けるだけでOKです。

 

 

とみー
自分だけのJANコードを取得して、Amazon新規出品にも挑戦できる環境を手にしましょう!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

2 件のコメント

  • ランキングから来ました。

    はじめまして。

    JANコードって、カンタンに取れるものなんですね。
    知りませんでした。

    応援していきますね。

    • 辰夫さん

      はじめまして!
      コメント有難うございます。

      JANコードの取得自体はとても簡単ですね!

      今後とも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。