タオバオ→Amazonの「逆商品リサーチ」

タオバオからの逆リサーチ

どうも、とみーです!

 

今回の商品リサーチ編では、アプローチの視点を変えた

タオバオ→Amazonの逆商品リサーチ」という内容について詳しく解説をしていきます。

 

中国輸入実践者のメインの仕入れ先は、やはりタオバオです。

 

Amazonでピックした中国輸入候補商品をタオバオで探すのが基本となりますが、

最初にタオバオで商品を探し、その商品をAmazonでリサーチするという

逆商品リサーチ」をしてみるのも非常に効果的です。

 

タオバオ→Amazonの「逆商品リサーチ」

タオバオ

Amazonで販売されている多くの中国輸入品が、主にタオバオから仕入れている

商品であるということは、タオバオからAmazonで販売されている商品を探す、

まさに「逆商品リサーチ」が非常に有効であると言えます。

 

 

タオバオの売れ筋商品からアプローチ

タオバオの「売れ筋商品や人気商品」から、日本のAmazon内でヒットするかどうか、

主に画像検索機能を使ってリサーチしていく方法です。

 

タオバオで一定以上の人気がある商品なので、

Amazonで販売されている可能性が高いのではないか?という

根拠に基づいたアプローチとなります。

 

タオバオトップページから「各商品カテゴリー」を選択します。

 

タオバオ

 

次に「销量」をクリックし、商品を売れている順に並び替えます。

それぞれの商品ページで「Google画像検索」を駆使して、

Amazonの商品ページがヒットするかどうか調べていきます。

 

タオバオ

 

商品カテゴリーまでしか絞り込みをかけていませんので、

当然ヒットしない場合もありますが、試してみる価値のあるリサーチ方法です。

 

 

特定の商品ジャンルからアプローチ

検索する商品ジャンルを決めてから、タオバオで検索をかけていく方法も効率的です。

iPhoneケース」、「コスプレ」、「LED」など、中国輸入品の代表的な商品ジャンルに関連する

キーワードから商品ジャンルを絞り込んでアプローチしていくリサーチ方法です。

 

Amazonで販売されている代表的な中国輸入品の商品ジャンルやカテゴリーから、

タオバオにある商品がAmazonで販売されているかどうかを調べるリサーチ手法となります。

 

コスプレ商品を例に見ていきましょう。

タオバオでは、「cosplay」もしくは「cos」で多くのコスプレ関連商品がヒットしますので、

今回は「cosplay」で検索してみます。

 

タオバオ

 

 

商品検索結果が表示されますが、ここで「销量」をクリックします。

「销量」をクリックすることで、売れている商品順に並び替えることが出来ます。

 

タオバオ

 

 

売れている商品順に並び替えることが出来ました。

この中から、日本のAmazonで出品されている商品があるかどうか、探していきます。

 

タオバオ

 

 

調べたい商品の詳細ページを開き、画像の上で「右クリック→Google画像検索」を行います。

 

タオバオ

 

 

早速Amazonの出品ページがヒットしました。

 

タオバオ

 

 

 

先程タオバオで販売されていた商品と同一の物が出品されています。

販売価格5980円、タオバオでの商品単価69元(約1300円)ですので、価格差は十分でしょう。

 

タオバオ

 

 

さらに、1つ同じ商品が日本のAmazonで見つかった場合は、

タオバオの同一セラーが他にも候補商品を販売している可能性が高いです。

 

タオバオ商品ページの左下辺りに、

そのセラーの販売する人気商品等が表示される場合があります。

 

タオバオ

 

ぜひこの商品もチェックしていきましょう。

日本のAmazonで同一商品が出品されている場合が少なくありません。

 

 

以上、タオバオ→Amazonの逆商品リサーチについてお届けしました。

ぜひ日々の商品リサーチの中に取り入れてみて下さいね。

 

 

とみー
タオバオ→Amazonの逆商品リサーチは、翻訳作業が不要なので非常に簡単で効率的です!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

タオバオからの逆リサーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。