輸入代行業者を利用するメリットとは?

輸入代行業者を利用するメリット

どうも、とみーです!

 

今回は輸入代行業者を利用するメリットについて解説していきます。

 

現在輸入ビジネスを実践されている方はもちろん、

これから輸入ビジネスを始めようとしている方にも

輸入代行業者の活用をお勧めする理由を具体的に説明しますね!

 

輸入代行業者の利用で得られるメリット

輸入代行業者を利用することで、

輸入ビジネスでは以下のメリットを得ることが出来ます。

 

仕入先との商品価格交渉が可能

輸入代行業者を通して商品の買い付けを行うことで、

商品価格の交渉が出来るのがとても魅力的な要素の1つです。

 

中国輸入の場合は、

仕入先のお店も代行業者も同じ中国の方ですので、

現地人同士、直接交渉ということで商品を割安で

購入出来る場合が多いです。

 

 

国際送料が割安

輸入代行業者はOCSやDHLといったクーリエ便を

使用して商品を発送します。

 

輸入代行業者は特別単価でクーリエ便業者と

契約をしていることがほとんどですので、

商品輸入時の国際送料が安いのというのも魅力です。

 

国際送料のコストカットは、利益に直結する部分ですので

非常に重要な要素です。

 

 

簡易検品の実施

輸入代行業者は商品を購入した際、

購入数量やサイズ、カラーのチェック、破損の有無などの

簡易検品を行います。

 

これにより、指示した商品と数量やカラー、サイズ等が違うという

リスクヘッジが可能です。

 

また家電製品やアパレル製品など、必要であれば

通電検査や検針の対応も可能です。(別途料金)

 

 

輸入ビジネスの自動化が可能

最近では、日本のAmazon FBA倉庫への

直接納品に対応する輸入代行業者が増えてきました。

 

FBA納品に対応している輸入代行業者を利用することで、

商品買い付け→FBA納品までの作業を自動化することが出来ます。

 

これにより購入した商品の検品、梱包やバーコードシール貼りといった作業に

時間を取られること無く、商品リサーチや見積もり確認等の

利益に直結する部分の作業に専念できます。

 

時間を最大限に活用できますので、

副業として実践する場合でも、本業との時間のやりくりに余裕が生まれます。

 

 

これらのメリットをしっかりと理解して、

輸入代行業者を積極的に活用していきましょう。

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

輸入代行業者を利用するメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。