中国輸入

中国輸入×Amazon相乗り販売の王道リサーチ手順

商品リサーチ

今回は中国輸入ビジネスにおけるAmazon相乗り出品時の王道商品リサーチ手順について解説していきます。

中国輸入Amazon販売で収益を上げていく過程は大きく分けると『相乗り出品」と『新規出品』の2通りに分類出来ますが、僕のお勧めする中国輸入ビジネスのステップとしては、まずは相乗り出品から始めて、Amazon販売に必要な知識と経験を積んでいくという流れです。

この記事ではAmazon相乗り販売に求められる商品リサーチ手順を全てまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Amazon相乗り販売の王道リサーチ手順を動画で解説!

中国輸入候補商品をAmazonから探し出す

Amazon相乗り出品とは、Amazonで売れている中国輸入品と全く同じ商品を中国サイトから仕入れてAmazonの同一ページに出品し、売上と利益を伸ばしていくというビジネスモデルです。

ですので、まずはAmazon内で売れ行きが良い中国輸入候補商品をピックアップしていく必要があります。

中国輸入商品の探し方としては、商品単体を探し出す「キーワードリサーチ」と、有力セラーを探し出す「セラーリサーチ」の2種類があります。

キーワードリサーチに関しては、「ノーブランド」や「中国製」というワードから検索をかけていき、まずはどのような中国輸入商品がAmazonで販売されているのかチェックしていきましょう。

そこから更に深くリサーチをかけていく為には、こちらの解説記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
中国輸入リサーチ
中国輸入実践者の思考と対策を逆手に取ったリサーチ方法どうも、とみーです! 今回は中国輸入相乗り販売の実践者を逆手に取り、 Amazonに出品されている商品から中国輸入相...

]最初の段階ではあまり先入観を持たずに、中国輸入商品かどうか判断に迷う商品も全てチェックしていくようにしましょう!

モノレートで需要と供給のバランスを調べる

Amazon内で中国輸入候補商品をピック出来たら、モノレートで需要と供給のバランスをチェックしていきましょう。

あわせて読みたい
モノレート
モノレートの使い方 今回はAmazonでの商品リサーチに役立つ無料ツール「モノレート」の使い方を解説していきます。まずはモノレートを開きまし...

相乗り出品では、現時点でAmazonでの売れ行きが好調な商品に相乗りして利益を生み出していきますので、商品の売れ行きとライバルセラーの数はしっかりと精査していきましょう。

商品名を中国語に翻訳する

中国輸入候補商品の需要と供給の確認を済ませた後は、中国サイトでその商品を探し出す為の準備をしていきましょう。

当然ながら中国サイトですので、原則中国語での記載となります。

商品を検索する際も中国語での入力が求められますので、翻訳サイトを活用して商品名やキーワードを中国語に翻訳していきましょう。

あわせて読みたい
中国語翻訳
中国語翻訳のポイントは単語のパズル化どうも、とみーです! 今回は中国輸入の商品リサーチにおいて重要な 『商品名を日本語から中国語に翻訳する際のポイント』...

タオバオ・アリババサイトでの商品リサーチ

商品名や検索キーワードを中国語に翻訳出来ましたら、実際にタオバオやアリババで同一商品を探し出していきましょう。

あわせて読みたい
タオバオサイトでの商品リサーチ手順どうも、とみーです! 今回はタオバオでの商品検索方法について解説していきます。 商品リサーチ表に、ある程度商...
あわせて読みたい
アリババの使い方
アリババサイトの使い方を解説 今回は中国輸入ビジネスのメイン仕入れ先となる、 「アリババ」サイトの使い方について解説していきます。 中国輸入では、タオ...

Amazon商品ページに出品されている商品と同じものが見つかったら、この段階で初めてその商品が中国輸入商品だと確定出来ます。

これいより仕入れコストも明確になりますので、この後は利益計算⇒仕入れ(買い付け指示)⇒Amazon倉庫納品という流れで作業を進めていくようになります。

 

以上、中国輸入Amazon相乗り販売での王道商品リサーチについて解説してきました。

基礎中の基礎となるこの商品リサーチ手順をしっかりと身に付けて頂き、Amazon相乗り販売での利益を伸ばしていきましょう!

ABOUT ME
とみー / 富岡 浩之
1986年生まれの31歳。静岡県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、商社勤務を経て起業。商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です