ビジネス心理学

ザイアンスの法則とは?【接触機会×好感度】

今回は「ザイアンスの法則」について詳しく解説していきますので、ぜひこの記事を参考にして、ザイアンスの法則についての理解を深めて頂ければと思います。

それでは、早速内容に移っていきましょう!

ザイアンスの法則とは?

ザイアンスの法則とは、1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが提唱した心理学の法則で、「ザイアンスの法則」または「単純接触効果」とも呼ばれています。

ザイアンスの法則は、人はある対象に繰り返し接触する機会が多くなればなるほど、それだけでその対象に対して好感度が高まるという心理学の法則です。

その対象は人であっても物であっても、見る・聞く・接するという回数が増えれば増えるほど、ただそれだけでその対象への関心が高まり好意を抱くようになります。

この法則をセールスに活かすことが出来れば、競合他社が数多く存在する中でも、自社製品を消費者に選んでもらえる確率がUPするでしょう。

ザイアンスの法則を活用する際の注意点

ザイアンスの法則を活用する際に、注意すべきポイントが2つあります。

まず1つ目は、接触する人であれ、物であれ、その対象に対して接する側に先入観があってはならないということです。

例えば、嫌いな人物の写真だったり、嫌いな食べ物の映像を例に挙げてみましょう。

もしこれらを何度も繰り返し見せられたとしても、どんどんその対象を嫌いになっていくだけですよね。

この場合、どれだけ接触する機会が増えても、好感度は上がるどころか下がる一方です。

テレビCMなどでも同じことが言えます。

お酒が嫌いな人がどれだけお酒のCMを目にしても、お酒が好きになることはありません。むしろ、こんなにお酒のCMが必要なのだろうか?と効果はマイナスに働くでしょう。

 

続いて2つ目の注意点としては、当然ながら「相手の都合を考えなければならない」ということです。

訪問販売のセールスマンを例に挙げてみましょう。

いくら接触機会が増えれば好感度が上がるとはいえ、嫌がるあなたのところに何度も何度も同じセールスマンが訪問販売に訪れたらあなたはセールスマンに好感度を抱くでしょうか?

答えは明らかで、NOですよね。

ザイアンスの法則は、相手に対する思いやりや気遣いがなければ成り立たないのです。

もう1つ代表的な例として、毎日大量に届く迷惑メールです。

こちらが情報を望んでいないにも関わらず、迷惑メールとの接触回数が増えてもよほどの事が無い限り、あなたが好意を抱くことはないですよね。

この迷惑メールにも、相手に対する思いやりや気遣いが抜け落ちているのです。

ザイアンスの法則を正しく活用する

ザイアンスの法則は、人との接触頻度を高めることで好意を獲得し、信頼関係の構築が可能な、ビジネスや恋愛にも応用が効く心理学の法則ですが、相手への配慮を欠き、一歩間違えてしまうと好意ではなく嫌悪感を高めてしまう恐れがありますので注意が必要です。

このようにザイアンスの法則は、「相手が先入観を抱いていない」ことと、「相手への配慮を欠かさない」というこの2つがあってこそ成立する法則なのです。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”tommy001.jpg” name=”とみー”]ザイアンスの法則は正しく活用してこそ、相手からの好意と信頼を獲得することが出来ます! [/chat]
ABOUT ME
とみー / 富岡 浩之
1986年生まれの31歳。静岡県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、商社勤務を経て起業。商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。

中国輸入ビジネス オンライン教材 

「Import Business Theory」

多くの実績者が学んだ輸入ビジネスのオンライン教材を
メルマガ読者限定で無料プレゼント中!

 » 無料でダウンロードする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です