PM理論×理想のリーダー像

PM理論

 

どうも、とみーです!

 

今回のビジネス心理学編では、「PM理論」について解説していきます。

ぜひこの記事を参考にして、PM理論についての理解を深めて頂ければと思います。

 

 

PM理論とは?

「PM理論」とは、1966年に日本の社会心理学者である三隅二不二氏によって提唱された、

リーダーシップの類型を分類した心理学の理論です。

 

このPM理論では、リーダーが備えている能力や資質を

P機能」と「M機能」という2つの軸で分類しています。

 

◆P機能(Performance function):目標達成機能

◆M機能(Maintenance function):集団維持機能

 

「P機能」とは、「課題(task)志向」ともいい、

ある集団の中で生産性を高めるような効果を促す力であり、

集団のメンバーに明確な指示や指令を出し、叱咤激励して士気を上げていく力を指します。

 

一方、「M機能」とは、「人間関係(Relation)志向」ともいい、ある集団の中でチームワークや

協調性をより強固にしていく力であり、集団内の人間関係を良好に保つ気配りを欠かさずに

組織の和を高めていく力のことを指します。

 

 

リーダーは4つのタイプに分類できる

PM理論では、先述のPとMの2つの機能の強弱やその度合いによって、

リーダーを4つのタイプに分類することができます。

 

それぞれのリーダータイプは、以下の通りです。

 

①PM型(P機能とM機能の両方ともが高い)

⇒目標達成能力が高いのと同時に、集団をまとめて導く力も備えている理想的なリーダー

②Pm型(P機能が高く、M機能は低い)

⇒目標達成能力は高いが、集団をまとめる力が弱く結果は出すが人望がないタイプのリーダー

③pM型(P機能が低く、M機能が高い)

⇒集団をまとめる能力は高いが、目標を達成する力が弱い人望はあるが成果が微妙なリーダー

④pm型(P機能とM機能のいずれもが低い)

⇒目標を達成する力も集団統率力も弱い典型的にダメなタイプのリーダー

 

 

理想的なリーダーのタイプとは?

PM理論で分類される4つのリーダータイプのなかで、

どのタイプが1番理想的なリーダーなのかと問われたら、間違いなく①「PM型」のリーダーです。

 

目標を成し遂げる力も集団をまとめ上げる力も高いので、

仕事もバリバリ出来て人望もあるまさに理想のリーダーでしょう。

 

このタイプの上司がいる職場は最高ですね!

部下もモチベーション高く毎日の業務に従事できるはずです。

 

 

一方で、最悪なリーダーを挙げるとするならば、

目標を達成する力も集団統率力も備えていない④「pm型」であることは言うまでもないですね。

結果も出なければ人望もないという、ちょっと悲しくなってしまうくらいのダメさ加減です^^;

 

 

P機能とM機能の優位性は?

それでは残りの2つのタイプを見ていきましょう。

②「Pm型」と③「pm型」ではどちらが優位と言えるのかは、判断が難しいところです。

 

PM理論ではさまざまな集団を対象にテストが行われていて、

集団に所属する部下の意欲や協調性、ミス発生率の低さなどを「総合的」に判断した場合、

 

「PM型」⇒「pM型」⇒「Pm型」⇒「pm型」の順で好成績を挙げるという結果が出ています。

 

また、「生産性」という基準に重きを置いて見た場合は、

 

◆短期的には「PM型」⇒「Pm型」⇒「pM型」⇒「pm型」の順に高い成果を挙げ、

◆長期的には「PM型」⇒「pM型」⇒「Pm型」⇒「pm型」の順で成果が高い

 

というデータが出ています。

 

以上の結果を踏まえると、

 

短期的な事業スパンであれば、結果は出すが人望の無い②「Pm型」、

長期的な事業スパンであれば、人望はあるが成果は微妙な③「pM型」の方が

プロジェクトに適したリーダーと言えます。

 

このようにそれぞれの状況によって求められるリーダー像は変化しますが、

全体的に見ると強いリーダー性やカリスマ性である「P機能」よりも、

チームの協調性を大事にする「M機能」の方が重要であると考えられます。

 

部下に厳しくとも自分もガンガン仕事をこなすリーダーの方が

良いリーダータイプに思われがちですが、

 

多少行動力は弱く成果が伴わずとも、部下やメンバーの和を重んじるリーダーの方が

実は良いリーダーであると言えるのです。

 

 

とみー
人の振り見て我が振り直せ。自分がリーダーとなる場面では理想のリーダーになれるように、PとMの2つの力をバランスよく高めていきましょう!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

PM理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。