エメットの法則【いつも時間が足りないと嘆くあなたへ】

エメットの法則

 

どうも、とみーです!

 

今回のビジネス心理学編では、「エメットの法則」について解説していきます。

作業をしていてもつい時間が足りなくなってしまう・・・という方は、

ぜひ今回の記事を参考にして、エメットの法則についての理解を深めて頂ければと思います。

 

きっと時間の上手な活用方法が身に付きますよ!

 

エメットの法則とは?

エメットの法則とは、タイムマネジメントの専門家であるリタ・エメットが、

やらなければいけないことなのに先送りしてしまうこと」に関して

以下の法則を提唱しています。

 

①仕事を先延ばしにすることは、片付けることの倍の時間とエネルギーを要する。

②先延ばしにする原因の1つは、完璧さに対するこだわりである。

 

これら2つの法則を合わせて、「エメットの法則」といいます。

 

 

面倒な仕事ほど先に片づける

面倒な仕事や気乗りのしないタスクはついつい後回しにしてしまいがちですが、

取り掛かるのが嫌だからと言って後回しにしているうちにさらに仕事が溜まっていき、

後々には手が付けられないくらい面倒な事態になってしまうということが起きてきます。

 

 

早い段階で片付けておけばそれほど難しくはなかったはずなのに、

後回しにしたせいでその仕事を片付けるのに当初の何倍もの労力が必要になってしまった

という経験をした人は少なくないはずです。

 

 

これは、エメットの法則①で挙げていますが、

仕事を先送りにしたことでその仕事の問題が大きくなってしまったり、

単純にやろうとしていたことを忘れてしまい、それを思い出す作業が必要になるなど

結果的に2倍の時間と労力を要することになってしまうからです。

 

 

例えば、納期遅れが品質不良などのクレームが発生した初期段階ですぐに対応していれば、

それほど大事にはならなくて済んだはずなのに、取引先に怒られるのが嫌だからという理由で

つい後回しにしてしまったことで収拾がつかなくなってしまい、

大問題に発展してしまったというケースも多いです。

 

 

これに似たケースは、僕も会社員時代に何度も経験しました。

悪いことほど早め早めの対応が最善策なのだということは痛いほど身に染みています。

 

 

「楽な仕事から先に始めよう」、「今はこの仕事に取り掛かる気分にならない」などと、

面倒なことは簡単に先送りにしてしまうのが人間の弱い部分なのですが、

これではビジネスマンとして失格ですね。

 

 

面倒な仕事や嫌な作業ほど、早めの対応が大切です。

 

 

完璧主義者が陥る悪循環

それでは、どうして人は面倒なことや嫌なことを先送りにしてしまうのでしょうか?

その理由はエメットの法則②「完璧さに対するこだわり」が考えられます。

 

 

完璧主義者に多いのですが、取り組む仕事が困難なものであればあるほど、

入念に準備や対策を重ねてからでないと目の前のタスクに取り掛かれなくなってしまいがちです。

 

 

輸入ビジネスでの例を挙げてみると、通関トラブルや納品手続きで問題が起きた際に、

すぐに解決に向けて動くべきなのにも関わらず、

 

「時間の余裕があるときに対処する」

「参考資料が集まっていない」

「集中できるときに対応する」

 

という理由から自分の環境面ばかりを整えようとしていくのです。

 

 

これらの心構えは大事なのですが、問題解決に向けて動き出さない限り

「問題解決に最適な状態」というのは一向に訪れません。

 

 

完璧主義者が「完璧さ」を求めるあまりに、

その考え自体が目の前の仕事に取り組みたくないという言い訳になってしまうのです。

 

 

面倒な仕事や急に発生した問題は、

60点でもいいから前倒しで取り組んでいくことがとても重要です。

 

 

とみー
時間が足りない・・・と感じるのは、実は嫌な仕事を後回しにしているのが原因かもしれませんね。

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

エメットの法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。