ビジネスマインド

自己投資意識の重要性

自己投資意識の重要性
[youtube-adds id=”hiroyukitomioka01@gmail.cohttps://youtu.be/04Q0_eS8p9g” style=”de-fmobile2″ margin=”2%” url=”https://www.youtube.com/channel/UCARv3eb-s1LfyISsHyutwbQ” title=”TOMMY’s THEORY” desc=”チャンネル登録はこちらから!” img=”https://tomiokahiroyuki.com/wp-content/uploads/2016/03/youtube.png” adtype=”6″ action=”4″ time=”12″]

 

どうも、とみーです!

 

今回のビジネスマインド編では、

自己投資意識の重要性」というテーマでお届けしていきます。

 

ビジネスにおいて成果を出すまでに費やす時間をさらに短縮させる為に、

自己投資の大切さについて理解を深めておきましょう。

 

そもそも「投資」とは?

自己投資意識の重要性について考える前に、

まずは「投資」について考えてみましょう。

 

 

「投資」というと、株やFXなどが真っ先に頭に浮かんできますが、

本来の意味は自分の資本をさらに増加させるために、今所有している資本を投入することです。

 

 

自分の持っている資本とはお金だけに限らず、時間や知識、体力といったものも当てはまります。

なので、これらの資本を将来的にさらに大きなものとするべく、

その手段に対して資本を投入していくことが投資であると言えます。

 

 

「自己投資」とは?

それでは、投資の本質が『自己資本のさらなる拡大に向けた資本投入』であることを踏まえて、

自己投資」について考えてみると、「自己投資とはお金を使うことにより、

自分自身の能力や技術を向上させること」であると定義することができます。

 

 

例えば、資格取得に向けて予備校に通いながら勉強することは、

専門知識の獲得と専門的な技術の向上を見込んだ自己投資ですし、

 

ジムに通ってトレーニングをすることは、身体を鍛えることで

体力面や健康面での向上を狙った自己投資であると言えます。

 

 

「投資」と「浪費」の決定的な違い

「投資」と並んでよく比較されるのが「浪費」です。

 

「投資」は今所持している資本をさらに増やすべく資本を使うことに対して、

「浪費」は所持している資本が増える可能性がないことに資本を使うことであると言えます。

 

 

先程のスポーツジムを例に考えてみると、

 

ジムを有効活用してダイエットに成功したり、身体を鍛えることは「投資」ですが、

一方で、ジムの入会金と月謝だけ払い続けて、ジムに通うことなく終わってしまえば

それは単なる「浪費」となってしまいます。

 

 

資本を投入して、資本が増える可能性がある場合は「投資」ですが、

資本を投入しても、資本が増える可能性が存在しない場合は「浪費」なのです。

 

 

有効な自己投資が成功を引き寄せる

特にビジネスにおいて、この「自己投資意識」を持つことはとても大切なことです。

 

よく頂く相談の中で、もう少し利益が出てきたら投資を考えていますという声を頂くのですが、

その考え方は非常に「もったいないな」と感じてしまいます。

 

そもそも、投資が必要な理由はなぜでしょうか?

 

数学の問題が解けないからこそ、参考書を買って解けるようにする。

テレビゲームのダンジョンが攻略できないからこそ、攻略本を買って攻略する。

 

このように、出来ないからこそ、出来るようになるために投資が必要なんですよね。

 

 

日常レベルではこの自己投資の重要性を十分に理解しているはずなのに、

いざビジネスの場面になると、ついこの重要性を見失いがちになります。

 

 

ビジネスにおいては、利益を出すために自己投資が必要なのです。

有効な自己投資を行えば、利益が大きくなることはもちろん、

ビジネスで利益を生み出せるようになるまでの時間も短縮することができます。

 

 

あなたが行っているビジネスも、自己投資の重要性を認識して投資を行えば、

さらなる飛躍が見込めますよ。

 

 

とみー
とみー
右肩上がりのビジネスを目指すのであれば、自己投資の意識を欠かすことは出来ません。現状維持ではなく常に上を見て、日々成長していきましょう!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

ABOUT ME
とみー / 富岡 浩之
1986年生まれの31歳。静岡県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、商社勤務を経て起業。商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です