Amazon

Amazon販売で注意すべき商標権について

Amazon 商標権

今回は輸入ビジネスにおいて、Amazonでの販売を行う際に注意すべき商標権について詳しく解説していきます。

中国輸入ビジネスにおいても、厳重に注意しなければならない項目ですので、商標権についてしっかりと理解を深めておきましょう。

【動画解説】商標検索の手順について

 

商標権とは?

そもそも商標権とは知的財産権の内のひとつで、自社の商品と他社の商品とを区別する為に文字や記号、図形や色彩などの結合によって構成されたものを独占的に使用できる権利のことです。

商標権は特許庁に出願し、その登録を行うことで、商標権としての権利が認められ保護義務が生じます。商標権の存続期間は5年もしくは10年ですが、更新により半永久的に権利の持続が可能です。

商標権の有無を調べる方法

輸入商品の販売者は、常にこの商標権について注意しなければなりません。

中国輸入Amazon販売を実践していく中では、Amazonに出品する商品に商標権の取得がなされていないかどうか、十分に注意して確認をしていきましょう。

当然ながら商標権が認められている商品には相乗りすることが出来ません。

今回はこちらの商品を例に、商標権の調べ方について説明していきます。「商品名とブランドカテゴリー」、「商品本体にロゴ印字の画像」、そして「本文中に商標権に関する記載」があることに注目します。

商標権

商標権の有無に関しては、こちらのサイトで確認することが出来ます。

プルダウンの項目内から「商標権を探す」を選択し、調べたいブランド名を入力して「検索」をクリックします。

検索の結果、今回は2件が該当しました。

検索でヒットした2件について、「一覧表示」をクリックすると詳細を確認出来ます。

商標権

 

検索結果一覧が表示されますので、商標の詳細を確認します。

商標権

 

今回は2件とも、出品者の方が商標権を取得されていました。

商標権

 

Amazonで商標権が有効とされる商品ページの条件

Amazonで商標権を主張する為には、商標権を取得して商標番号を記載するだけでは意味がありません。

商標登録済みのブランドやロゴの印字・刻印を商品本体に施し、さらにその画像が商品ページに掲載されていないと、Amazon内で商標権を主張して相乗りを排除することが出来ないので注意が必要です。

商標権の申請と登録には約10万円程の費用がかかります。(個人で申請した場合を除く)

自社商品に商標権を取得した際には、せっかく取得した商標権が、Amazon販売でもしっかりと権利保護されるようにAmazonの規約と併せて商標権についての知識を身に付けておきましょうね!

とみー
とみー
Amazon販売においても、商標権の有無には十分注意しましょう!
ABOUT ME
とみー / 富岡 浩之
1986年生まれの32歳。静岡県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、商社勤務を経て起業。商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。

中国輸入ビジネス オンライン教材 

「Import Business Theory」

多くの実績者が学んだ輸入ビジネスのオンライン教材を
メルマガ読者限定で無料プレゼント中!

 » 無料でダウンロードする

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です