FBA料金シュミレーターを利用した販売コスト計算方法

FBA料金シュミレーター

 

どうも、とみーです!

 

今回は中国輸入Amazon販売における重要な利益計算方法として、

FBA料金シュミレーターの使い方を具体的に解説していきます。

 

商品仕入れ前に必ず利益計算を!

 

Amazonで売れている商品を探し出し、

タオバオなど中国の仕入れ先でその商品を見付けた後は

代行業者に発注をかけていきます。

 

ですが、その前に必ず利益計算をして、

どれくらいの利益が見込めるのかを見ていきましょう。

 

ここを曖昧にしてしまうと、いざ販売してみたら赤字だった・・・

ということにもなりかねません。

 

 

それでは実際にいくらの価格差があれば、

商品を仕入れてOKなのか?

 

ということなのですが、

以下の計算式に基いてしっかりと利益計算をしましょう。

 

利益=販売価格-仕入れ価格(送料+関税+輸入代行手数料)-FBA納品費用-販売手数料

 

販売価格についてはAmazonでの販売価格を参考に

決定していきますが、僕のお勧めは、

 

FBAを利用して出品されている最安値=商品カートを獲得している価格に合わせるという方法です。

 

この価格に設定した上で、以下の計算をしていきます。

 

 

仕入れ値については、海外Amazonの場合は決済画面に表示される

商品代、送料、関税、消費税を確認することで

正確な金額を把握することが可能です。

 

 

中国輸入であれば、輸入代行業者と納品代行業者から、

それぞれの請求代金が提示されます。

 

 

関税と消費税の先払い分については、後から返金されることもありますが、

見積もりでは先払いの金額で計算しておきましょう。

 

 

そして重要なのが、日本のAmazonで販売する際の手数料についてです。

Amazonでの販売手数料は、販売価格の約15%程かかります。

 

高額な商品になれば、手数料もそれなりの額になってきますね。

 

 

このAmazon販売の手数料は、「FBA料金シュミレーター」を利用することで

簡単に把握することが出来ます。

 

 

FBA料金シュミレーターの使い方

FBA料金シュミレーターはこちら

 

使い方は以下の通りです。

 

1:手数料を調べたい商品のASINコードを入力して、商品を選択します。

 

2:商品代金の項目に販売予定価格を入力します。

 

3:その販売価格で商品を販売した場合の、手数料が自動計算されます。

 

 

以上の3ステップで表示された「利益」から、

輸入経費を含めた仕入れ値と国内配送費をここから引いて、

マイナスにならなければその金額が利益として残るということになります。

 

※FBA料金シュミレーターで表示される手数料は、

多少の誤差が生じる場合もあります。

 

今までの経験上大きく違っていたことはありませんが、

この点は注意しておきましょう。

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

FBA料金シュミレーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。