【Amazon】商品レビューの数から販売数を推測する方法

どうも、とみーです!

 

Amazonにおける商品リサーチで最も重要なポイントは

この商品が実際には何個売れているのか?という部分です。

 

相乗り販売にしろ、OEM商品の販売にしろ、

Amazon販売を実践しているセラーは、この情報が知りたくてリサーチをかけるわけです。

 

Amazonで販売されている商品がどれだけ売れているのか?を

調べる手段は多く存在しているのですが、

 

X-StockでAmazonセラーの在庫数を簡単に把握する方法

2017.01.31

【有料ツール】Amazon商品リサーチ最強ツール『あまログ』

2016.04.27

Amazonセラーの商品在庫数を調べる方法

2016.04.11

 

これらの手法を駆使しても、セット組みやバリエーションが設定されている商品の在庫変動を

正確に把握できないというケースが出てきます。

 

そのような場合には、

今回ご紹介する『商品レビュー数からの売れ行き予測』をしてみましょう!

 

Amazon商品レビュー数から販売数を予測する

さっそく、具体的な例を挙げながら解説していきます。

まずはこちらの商品ページを見てみましょう。

 

 

こちらの商品は液晶モニター、小カテゴリーでベストセラー1位を取っている売れ筋商品です。

ここで注目すべきは商品レビューの数とカタログ作成日の2つです。

 

 

この商品ページの総レビュー数は469件、

商品ページが作成されたのは2012年2月16日という情報が見て取れます。

 

ここで、仮に商品レビューがつく(お客様からレビューをもらえる)割合を1%と仮定します。

商品レビューがもらえる割合を1%と仮定

商品総販売数×0.01(1%)=レビュー数

もちろん、商品毎にレビューがつく割合は変動しますが、

Amazonでは高く見ても3%〜5%ほどの割合ですので、1%で見ておけば

大きな問題はないだろうという計算です。

 

商品レビュー数から総販売数を算出する

この商品ページのレビュー数が469件ですので、

商品総販売数=レビュー数÷0.01という計算で、

商品総販売数=46,900点という数字が算出できます。

 

カタログ(商品ページ)作成日から総販売数を予測する

カタログ作成日が2012年2月ですので、

この記事を書いている2017年8月27日までざっくりとですが5年半が経過していますね。

 

そこで、今までの総販売数46,900点を5年半で割り返すことで

1年にどれほどの商品数が売れているのかが導けます。

46,900÷5.5≒8527点

 

これを12で割ると、1ヶ月あたりの販売予測数が出ます。

46,900÷12≒710点

 

商品レビューが1%の割合でもらえているという仮定に基づく計算ではありますが、

この商品は1ヶ月に700点近く売れているのではないかという予測が成り立ちます。

 

このように、もしあまログや在庫チェッカーなどのツールを用いても

商品販売数が取得出来ないケースでは、今回ご紹介した商品レビュー数からの

販売数予測も需要の強弱を判断する際の参考にしてみてください。

 

ただし、これはあくまでも一定の割合でレビューが付いているという

仮定に基づく予測に過ぎません。

 

Amazonという商品レビューが簡単にはもらえないという特性を活かした

計算式ですので、あくまで需要判断の補助として活用してみてくださいね!

 

とみー
今回の予測方法は、Amazonで商品レビューが多くもらえている商品=ある程度の売れ行きが見込める商品であるという部分に着目しています。どちらかというとレビューの工作が少ない相乗り向きですね!

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

無料メールマガジン

メルマガ登録




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。
商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。
貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。