Amazonユーザー権限を活用した外注化

Amazonユーザー権限

どうも、とみーです!

 

今回は「Amazonユーザー権限を活用した外注化」というテーマで解説をしていきます。

Amazonセラーセントラル内では、ユーザー権限を第3者に付与することが出来るので、

こちらの機能を活用して、Amazon販売における作業を外注化させていくことが可能となります。

 

中国輸入に関して言えば、月商100万円or月利30万円辺りが外注化を検討する目安

なってくると思います。月利30万円は輸入ビジネスプレーヤーの1つの壁ではないでしょうか。

 

専業や副業などの個人差はありますが、どうしても1人で出来る作業量には限界がありますので、

月利30万円を安定して稼げるようになってきた段階で、今後のビジネスをさらに拡大させる

という意味でも、外注化を検討してみるとよいでしょう。

 

Amazonユーザー権限の設定方法

まずはセラーセントラルにログイン後、設定を行います。

画面右上の「設定」タブ ⇒ 「ユーザー権限」の順にクリックします。

 

Amazonユーザー権限

 

 

次の画面では、ユーザー権限を付与する相手のメールアドレスを入力します。

入力後、「招待メールを送信」をクリックします。

 

Amazonユーザー権限

 

 

送信が完了すると、「以下のEメールアドレスに招待メッセージを送信しました」と

表示されますので、確認後「次に進む」をクリックしてください。

 

Amazonユーザー権限

 

 

外注さんに確認コードを教えてもらう

外注さんのメールアドレス宛にAmazonからメールが届きますので、

ここから確認コードの確認までは外注さんに勧めてもらう作業となります。

 

送られてきたメールに記載されているURLをクリックして表示されたページで、

Eメールアドレスを入力後、「いいえ、パスワードを持っていません」を選択して

次へ」をクリックしてもらいます。

 

次の画面では、「名前」、「ログインメールアドレス」、「パスワード」を設定し、

アカウントを作成してもらうことで「確認コード」が表示されます。

 

この「確認コード」を外注さんに教えて頂き、

その確認コードとセラーセントラルで表示されているコードが一致するか確認します。

外注さんに進めて頂く作業はここまででOKです。

 

 

外注さんに付与する権限を設定する

確認コードが一致していたら、右側の「確認」をクリックします。

 

Amazonユーザー権限

 

次の画面で外注さんの名前が表示されますので、

確認後、「ユーザーの権限を追加する」をクリックします。

 

Amazonユーザー権限

 

 

続いて、ユーザー権限を付与した相手の「アクセス権を編集する」をクリックします。

 

Amazonユーザー権限

 

 

この画面では、外注さんに付与する権限のみにチェックを入れていきます。

赤枠部分のユーザー権限にチェックを入れてしまうと、そのユーザーはスーパーユーザーとして、

アカウント所持者と同等の権利を有してしまうので注意しましょう。

(見られたくない情報なども見られてしまいます)

 

Amazonユーザー権限

 

 

商品登録を外注する場合の付与項目

「在庫」項目内の「商品情報の登録」、「在庫の管理/商品の追加

※FBA納品管理もお願いする場合は、チェックを入れましょう。

(今回の画像ではチェックを入れていません)

「メディアをアップロード」項目内の「画像をアップロード

 

 

受注管理を外注する場合の付与項目

「在庫」項目内の「在庫の管理/商品の追加

「価格」項目内の「列全体を選択

「注文」項目内の「注文管理

 

Amazonユーザー権限 Amazonユーザー権限

 

 

以上で、ユーザー権限の付与が完了です。

 

 

業務マニュアル作成で外注の効率化を図る

作業をお願いする外注さんが決まったら、実際にAmazonにログインして

作業をして頂く必要がありますが、自分のログインに関する情報の全てを外注さんに教えるという

訳ではありませんので安心してくださいね。

 

外注さんにはAmazonのユーザー権限を付与して、

自分のアカウントを利用して頂くという流れになります。

 

もちろん、自分の住所や銀行口座番号などの個人情報が見られないように

個別に設定することも可能です。

 

また、実際に外注さんに業務内容の指示を出す際には、

必ずマニュアルを作成して渡してあげましょう。

 

お願いする作業内容を明確にマニュアル化しておくことで、

お互いに負担を軽減して作業を進めることができます。

 

ここを疎かにしてしまうと、後々のトラブル発生などに繋がりますので、

必ず作業内容のマニュアルは作成しておきましょう。

 

 

とみー
ビジネスにおいて【人に任せられる部分は任せる】という意識を持つことで、さらに時間を有効活用出来るようになりますよ!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

Amazonユーザー権限

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。