【Amazon】FBAを利用してしない場合の返品対応

返品対応

どうも、とみーです!

 

今回はAmazonでの返品対応について解説していきます。

輸入転売ビジネスにおいて、購入者からの返品対応は避けて通れない課題の1つです。

 

この対応方法は、FBAを利用しているかどうかで変わってきます。

まずは、FBAを利用していない場合での流れを説明していきますね。

 

返品対応の流れ(FBAを利用しない場合)

①返品リクエストを購入者が送信する。

②Amazonセラーが返品リクエストを承認する。

③購入者が、指定の住所に商品を返品。

④Amazonセラーが返金手続きを行い、Amazonが購入者に商品代金を返金。

 

以上の流れで、返品対応を行います。

返品対応に備えて、商品を返送してもらう住所を設定しておきましょう。

 

 

Amazonセラーセントラルのページから、

「設定」「返品設定」の順にクリックすることで設定画面に移ります。

 

henpintaiou

 

 

既に登録済みの住所を利用したい場合は、

「この住所と電話番号を使用する」をクリックしましょう。

 

新しく住所を設定したい場合は、

「新しい住所と電話番号を入力してください」をクリックして住所を入力しましょう。

 

この設定をしておけば、後は返品リクエストが来た際に、上記の手順で対応すればOKです。

 

 

返金手続きの手順

※FBAを利用しない場合は、Amazonセラーは返金手続きを行う必要があります。

①Amazonセラーセントラルから「注文」「注文管理」をクリック。

該当する商品を選択して、「返金する」を選択します。

 

「全額返金」「一部返金」のタブから、どちらかを選択します。

 

③プルダウンから、適切な「返金理由」を選択します。

 

④商品購入者にメッセージを入力します。入力は任意ですが、

出来るだけ入力した方が丁寧です。

 

⑤最後に、「全額返金する」もしくは、「一部返金する」のボタンをクリックして

返金処理が完了します。

 

以上、FBAを利用しない場合の、Amazon返品対応についての解説でした。

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

返品対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。