【Amazon】FBA納品先倉庫を固定する為の申請方法について

どうも、とみーです!

 

今回はAmazonFBA納品先倉庫の固定申請方法について解説していきます。

AmazonでFBAを利用して商品を販売する際には、

Amazon指定の納品先倉庫に商品を発送しなければなりません。

 

ただし、FBA納品先倉庫は日本各地に存在しており、

商品カテゴリーやジャンル、サイズによっても納品先が分かれています。

Amazon FBA納品先倉庫(FC)一覧

 

上記の通り、商品タイプによって納品先の倉庫が分類されています。

ファッションは全て川越FC、それ以外の商品は大型サイズか小型・標準サイズかによって納品する倉庫(FC)が毎回Amazonから指定されます。

 

このままでは、いざ納品プランを作成してみないと

納品先の倉庫がどこになるか分からないという状況になってしまう為、

 

輸入代行業者からAmazon倉庫直送の際に納品先が複数に割れて国際送料が割高になり、

商品利益を圧迫して最悪の場合には赤字になってしまうということも考えられます。

 

このような事態を避ける為にも、

AmazonFBA納品先倉庫の固定申請をして対策を取っていきましょう。

 

AmazonFBA納品先倉庫(FC)の固定申請方法

それでは、FBA納品先倉庫(FC)の固定申請の手順について解説していきます。

まずは、Amazonセラーセントラルにログインしてください。

 

ログイン後、画面右上の検索欄に「納品先指定オプション」と入力して検索をかけます。

 

ヘルプウィンドウが開き、下記の画面が表示されますので、

納品先指定オプション」の文字をクリックしましょう。

 

次の画面で、「日本語の申請フォーム」をクリックしてください。

 

納品先フルフィルメントセンター指定・指定解除のリクエストフォーム画面が開きます。

 

納品先倉庫の固定に関する規約が書かれていますので、必ず内容を確認しておきましょう。

 

セラーセントラルにログインする際のメールアドレスを入力

画面下部の入力欄に、必要事項を入力していきます。

まずはセラーセントラルのログインに使用しているメールアドレスを入力します。

 

申請の種類とFC指定を希望する理由を選択する

申請の種類は「新規でのFC指定」を、

FC指定を希望する理由はご自身の1番適した理由を選択してください。

中国輸入ビジネスで代行業者からAmazon倉庫へと直納する際には、

チャーター便の契約や、輸入をしているため、契約上配送先を変えられない」が妥当です。

 

小型・標準サイズ商品/大型サイズ商品の納品先を指定する

小型・標準サイズの商品/大型サイズ商品の納品先倉庫を指定しましょう。

ファッションは全てのサイズが川越FCと決まっているので除外します。

ここで考慮すべきは、自分の取り扱うファッション以外の商品を

どのようにAmazon倉庫へと納品しているのか?という点です。

 

納品手段が自社配送や国内倉庫からの納品の場合には、

荷物を発送するエリアに近い倉庫を選択した方が配送料を抑えることが出来ます。

 

また、輸入代行業者からAmazon倉庫へと直接納品している場合には、

商品サイズに関わらず納品先を1つに統一出来る鳥栖(FC)を選択するのも賢い選択です。

輸入代行業者からAmazonFBA倉庫に直接納品する場合には、納品先を常に1つに固定することで国際送料が余計に発生する事態を防ぐことが出来ます。

納品先を固定する際には、

ご自身のビジネスモデルに沿って最適な選択をしていきましょう!

 

完了をクリックする

最後に「完了」をクリックすると、納品先倉庫の固定申請が完了します。

納品先FCの固定には申請を行ってから約2週間ほどかかりますので、

余裕を持って手続きを進めていきましょう。

 

以上で、AmazonFBA納品先倉庫(FC)の固定申請が出来ました。

 

とみー
中国輸入ビジネスにおいて、輸入代行業者から直接Amazon倉庫へと商品を納品する際には忘れずに固定申請を済ませておきましょう!

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

無料メールマガジン

メルマガ登録




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。
商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。
貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。