【Amazon】長期在庫保管手数料の請求には要注意!

どうも、とみーです!

 

今回はAmazonの「長期在庫保管手数料」について解説していきます。

FBA在庫商品に関しては、毎年2月15日8月15日に在庫一掃チェックが実施されます。

 

AmazonFBA倉庫(FC)に6ヶ月以上保管されている在庫商品は

この長期在庫保管手数料の課金対象となりますので、しっかりと対策を練っていきましょう。

 

FBA長期在庫保管手数料とは?

AmazonFBA倉庫(FC)では、6ヶ月以上の保管期間を経過している

長期在庫商品に対して保管手数料が発生してきます。

FBA長期在庫保管手数料について

 

具体的な請求金額については、下記の通りです。

 

FBA倉庫に6ヶ月以上保管されている商品に関しては、87.4285円(10cm×10cm×10cmあたり)

12ヶ月以上保管されている商品に関しては、174.857円(10cm×10cm×10cmあたり)

長期在庫保管手数料が発生してきます。

 

さらに具体的に、

本やCDなどの商品ではどれくらいの保管手数料になるのか例を見ていきましょう。

 

上記の通り、この長期在庫保管手数料はかなり高く、

商品の大きさによっては1つの商品で1000円以上の保管手数料が計上されることもあります。

 

長期在庫となっている商品情報を調べる方法としましては、

返送推奨レポート在庫ダッシュボードを確認すれば対象商品を把握することが可能です。

毎年2月15日と8月15日の在庫一掃チェックに合わせて長期在庫商品を確認しましょう!

 

長期在庫商品への対策

高額な長期在庫保管手数料の請求を避ける為には、

出来るだけ長期在庫商品を減らしていく必要があります。

 

そこで、比較的短期間で効果が見込める対策手段をいくつか挙げていきますので、

長期在庫商品を多く抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Amazonで商品の値下げをして売り切る

まずは商品の価格を下げてカート獲得を目指しましょう。

また、あまりにライバルが多い商品に関しては、

思い切った値下げでライバルを出し抜いて、

短期間で一気に在庫商品を売り切ることをお勧めします。

 

大幅な値下げに躊躇するかもしれませんが、高額な保管手数料を支払うことを考えれば

少しでも在庫数を減らして商品を現金化した方が得策と言えるでしょう。

 

Amazonの広告(スポンサープロダクト)を活用して売り切る

値下げと併せて高い効果が見込めるのが、広告(スポンサープロダクト)です。

長期在庫として眠っている商品に広告をかけることで

露出を増やし、販売機会の拡大を狙いましょう。

 

Amazon以外の他販路で商品を売り切る

Amazonで商品を売り切る為の対策を施したら、

ぜひヤフオク・メルカリといった他の販売サイトでも商品を販売していきましょう。

 

Amazonで売れ行きが鈍い商品であったとしても、

他の販売サイトであればすぐに売れたということも十分に起こり得ます。

 

また、FBAマルチチャネルを利用することで

販売の労力も軽減出来ますので、ぜひ活用してみてください。

Amazonマルチチャネルの組み方

2016.03.27

 

商品の返送・破棄をする

商品の値下げや広告、他の販売サイトで商品を販売してみて、

それでも大量の長期在庫を抱えている場合には、商品の返送・破棄も視野に入れましょう。

 

FBA在庫商品の返送・破棄を行う際にも手数料がかかりますので、

あくまで最終手段という認識でいきましょう。

 

商品サイズ 返送 破棄
小型・標準サイズ 51円/1個 10円/1個
大型サイズ 103円/1個  21円/1個

 

 

以上を踏まえて、AmazonFBAを利用する際には、

毎月の保管料に加えて長期在庫保管手数料にも注意を払う必要があります。

 

とみー
毎年2月15日と8月15日は長期在庫保管手数料が課金されるのをお忘れなく!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

無料メールマガジン

メルマガ登録




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。
商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。
貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。