【Amazon】FBA利用時の返品対応

FBA返品対応

どうも、とみーです!

 

今回は、FBA利用時の返品対応について解説していきます。

 

FBAを利用している場合の返品対応の流れは、以下の通りです。

 

FBA利用時の返品対応手順

1:購入者が返品を申請

2:購入者がAmazonに商品を返品

3:Amazonが購入者に商品代金を返金

 

FBAを利用していない場合の返品対応と比べると、

FBA利用時の返品では、購入者がセラーに返品の承認を得るという作業が必要なく、

返金処理も自動で行われます。

 

その為、セラー側が知らないうちに返品・返金対応が完了していたということが起こり得ます。

※返品完了時、Amazonからセラーに連絡が入ります。

 

返品された商品は、販売不可在庫としてAmazonに保管されるので、

Amazonセラーセントラルより、商品返送依頼をする必要があります。

※未開封で商品が返送されることもあり、この場合は販売可・発送可の商品在庫として

保管されることがあります。

 

 

商品返送依頼の手順

続いて、購入者から返品された商品を、自宅に返送してもらうまでの

流れを確認していきましょう。

 

Amazonセラーセントラルから、「在庫」「FBA在庫管理」の順にクリックします。

 

fbahenpin01

 

 

商品の在庫状況が確認できるページに移ります。

画像では、「販売不可/発送不可」が「0」となっていますが、

返品された商品が1点ある場合、ここに「1」と表示されます。

 

fbahenpin02

 

 

この数字をクリックすると、返送依頼ページに進みます。

 

 

「お届け先住所を入力」にチェックを付け、返送先の住所を入力し、

「販売不可の数量」に返送したい数量を入力後、次へ進みます。

「所有権の放棄」にチェックを付けると、Amazon側での商品処分となります。

「注文番号を登録」は空欄でOKです。

 

 

確認画面に進みますので、内容に問題がなければ「内容を確定」をクリックします。

これで商品返送依頼が完了しました。

 

 

返送された商品についての対応策

輸入ビジネスを実践する中で、返送された商品についての具体的な対応策を

考えておくことも必要です。

 

返品商品の分類

返品される商品についても、以下の2種類が存在します。

 

①商品自体に問題がある返品商品

→初期不良や付属品の不備などによる商品です。

 

②購入者都合による返品商品

→購入者が異なる商品と勘違いしたり、必要なくなった等の理由による返品です。

 

 

返品商品の処理方法

①商品自体に問題がある返品商品

このケースですと、中古品として販売することも出来ず、

仕入先への返品を考えるかと思います。

 

しかし、中国への返送代金も割高ですし、

実際に中国仕入先に商品を返送したとしても、返金に応じてくれる可能性は極めて低いです。

 

残念ですが、中国輸入の場合は特に、仕入先への返品/返金の実現は難しいでしょう。

 

 

②購入者都合による返品商品

購入者都合で返品された商品の場合、商品自体には問題が無い場合が多いです。

そのような場合は、Amazonだけではなく、ヤフオク!で中古品として販売することもオススメします。

 

Amazonでも中古品販売を行うことは可能ですが、

実際の写真を掲載することが出来ず、商品コンディションは文章のみで記載するだけなので、

ヤフオク!のように詳細を伝えることが難しいです。

 

商品に汚れや破損があった場合などは、

やはり画像で状態を伝えたほうが圧倒的にユーザーにとっては分かりやすいです。

 

ですので、中古品販売ではヤフオク!をオススメしています。

 

※開封済みであるだけで、新品同様の状態であればAmazonでの中古品販売で問題ないですよ!

 

また、FBAを利用して販売していた商品の場合、返品後自宅に届いた商品を、

再度中古品として登録し直し、再びFBAに納品しなければなりません。(Amazonで再度中古品として販売する場合)

 

 

以上、FBA利用時の返品対応について解説しました。

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

FBA返品対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。