Amazon販売時の送料設定方法

どうも、とみーです!

 

今回はAmazon販売時における「送料の設定方法」について解説していきます。

FBAを利用する場合は送料を個別に設定することが出来ないのですが、

FBAを利用せずに自社発送をする場合は、ぜひ商品毎に戦略を立てて

送料の設定を行ってくださいね。

 

Amazon送料の初期設定

Amazonでの送料は、以下の通りに設定されています。

自社発送をされている方は、必ず確認しておきましょう。

 

Amazon送料

 

 

送料の設定方法

まずはセラーセントラルにログイン後、画面右上の「設定」タブから「配送設定」をクリックします。

 

Amazon送料の設定

 

 

次の画面では、発送元が「日本」になっていることを確認して、

個別・重量制」の「配送設定を変更」をクリックします。

 

Amazon送料

 

 

配送設定の中で、「購入金額制」、または「個数・重量制」の内どちらか1つを選択して、「続ける」をクリックします。

 

Amazon送料

 

 

 

購入金額制

1000円以上の購入 ⇒ 送料200円

1000円以下の購入 ⇒ 送料300円

というような送料の設定方法です。

 

 

個数・重量制

購入数量で送料を定額に設定、

もしくは商品の重量で送料を定める方法です。

 

 

続いて、「配送対応地域と所要日数」を設定していきます。

ここでは海外発送を対象外にしたいので、チェックを外しています。

設定が完了したら、「続ける」をクリックします。

 

Amazon送料

 

 

この画面では、地域ごとに詳細入力が出来ますので、

注文毎の送料を設定したり、商品重量での送料設定が可能です。

 

Amazon送料

 

 

 

以上のステップを経て、送料の設定が完了です。

設定した送料は、下記のように表示されます。

 

Amazon送料

 

 

送料の設定はとても簡単に出来ますので、

ぜひ一度送料の見直しをしてみてくださいね。

 

 

とみー
自社発送の場合は、商品価格を抑えて送料で利益を出すという作戦も有効です!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。