【Amazon】アカウント閉鎖の予防と対策方法

Amazonアカウント閉鎖の原因と対策

どうも、とみーです!

 

今回はAmazonアカウントの閉鎖基準や、その予防と対策について解説していきます。

輸入転売ビジネスでAmazonを販売プラットホームとして活用している方は、

アカウントを閉鎖されてしまうと、今後Amazonでの販売が一切出来なくなってしまいます。

 

そのような事が起きない為にも、しっかりとその予防と対策方法を理解しておきましょう。

 

Amazonアカウント閉鎖の予防と対策

それでは、Amazonでのアカウント閉鎖に関する原因と対策について解説していきます。

 

顧客満足指数に注意する

Amazonアカウントの閉鎖に直結する大きな要因として、

顧客満足指数が挙げられます。

 

顧客満足指数の参照は、

Amazonセラーセントラルパフォーマンス顧客満足指数で確認出来ます。

amazonaccount01

 

 

顧客満足指数のパフォーマンスについては、

良い(緑色)⇛注意(黄色)⇛悪い(赤色)で表示されます。

amazonaccount02

 

 

「注意」・「悪い」の状態が続くと、アカウント閉鎖の要因となります。

定期的に顧客満足指数をチェックして、「注意」や「悪い」の状態になってしまったら

出来るだけ早く「良い」の状態まで回復させるように努めましょう。

 

 

その他のアカウント閉鎖要因

その他アカウント閉鎖に関係する要因は以下の通りです。

・国内正規品の商品ページに誤って並行輸入品を出品

・コピー品や偽造品を出品

・Amazon出品規約に違反

 

 

アカウントを閉鎖されてしまったら・・・

アカウントを閉鎖されてしまった場合、アカウント閉鎖解除申請を提出することになります。

申請には閉鎖原因を分析し、今後の改善計画をまとめて提出する必要があります。

 

内容としては、「なぜこのような状況に陥ってしまったのか」、「今後どのように改善するか」という内容を

詳細に記述し、反省文を添えての提出となります。

 

しかし、一度アカウントを閉鎖されてしまうと、復活させることは非常に困難です。

悪質な規約違反の場合は解除されることはありません。

 

また、別途新しくアカウントを作成したとしても、以前閉鎖されたアカウントとの関連性が

見つかると、その新規アカウントも同様に閉鎖となります。

個人情報やIPアドレスなど、全ての情報を新しく変更出来ない限り、

新規アカウントでも関連性があると判断されてしまいます。

 

複数回アカウント閉鎖解除の申請を提出して認められたというケースもありますが、

まずはアカウント閉鎖にならないように十分に注意して出品していきましょう!

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

Amazonアカウント閉鎖の原因と対策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。