Google Search Consoleの登録方法

Google Serch Console

どうも、とみーです!

 

今回は「Google Search Consoleの登録方法」について詳しく解説していきます。

Google Search Consoleとは、Googleでのサイト検索結果のパフォーマンスを

監視、管理できる Googleが提供する無料で利用できるサービスです。

 

Googleでのサイト検索結果を最適化することが出来ますので、

この解説記事を参考に、ぜひSearch Consoleへの登録を済ませておきましょう!

 

Google Search Consoleにサイトを登録する

まずは、Google Search Consoleの公式サイトにアクセスしましょう。

下記のボタンから公式サイトに飛べます。

 

 

Googleアカウント情報の入力が求められますので、

ログイン情報を入力して、Googleアカウントにログインします。

 

ログイン後、下記のページに移りますので、

Search Consoleに登録したいサイトURLを入力して、「プロパティを追加」をクリックします。

 

まずはサイトURLの「www」無しのURLで登録しましょう。

(例:僕のブログサイトであればhttps://tomiokahiroyuki.com/と入力)

GoogleSearchConsole

 

 

サイトの所有権を確認する

続いて、登録するサイトの所有権確認を行います。

所有権を確認する方法はいくつかあるのですが、

今回はその中でも1番確実に所有権を確認することができる方法をご紹介します。

 

このHTML確認ファイル」をクリックして、

google・・・・・.html形式のファイルをダウンロードします。

GoogleSearchConsole

 

 

ファイルのダウンロード完了後、

FTPソフトを使用して自分のサーバーにファイルをアップロードしていきます。

(今回はFFFTPを使用して解説しています)

 

FFFTPを立ち上げて、登録するサイトを選択後、

接続」をクリックしてログインします。

GoogleSearchConsole

 

 

ファイルをアップロードするドメインを選択します。

GoogleSearchConsole

 

 

次に、「public_html」をクリックします。

html2

 

 

public_htmlを開いたら、そこに先程ダウンロードしたファイルを

ドラッグ&ドロップでアップロードします。

html

 

 

その後、「私はロボットではありません」にチェックを入れて「確認」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

これで登録したサイトの所有権確認が完了しました。

GoogleSearchConsole

 

 

Search ConsoleにサイトURL「www.バージョン」を登録する

Seaarch Consoleにサイトのwww.付きURLバージョンを登録することで、

検索結果のパフォーマンス向上が図れます。

 

まずは「Search Console」をクリックしましょう。

GoogleSearchConsole

 

 

次の画面右上にある、「プロパティを追加」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

今度は「www.ありのサイトURL」を登録します。

GoogleSearchConsole

 

 

以上で、Search ConsoleにサイトURLの「www.あり」バージョンが登録出来ました。

 

 

優先するバージョンの選択

ここまででサイトURLの「www.あり」・「www.なし」の

2つのバージョンが登録されていますので、

この中のどちらのバージョンを優先させるのかを選択していきます。

 

どちらを優先させても構いませんが、今回は「www.なし」バージョンを優先させていきます。

 

サイト左上にある、「Serach Console」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

「www.なし」のサイトURLの下に、

「検索パフォーマンスを改善できます 詳細を表示」と出ますので、「詳細を表示」をクリック。

GoogleSearchConsole

 

 

優先するバージョンを設定」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

使用するドメインの画面で、優先するURLの方を選択して「保存」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

変更が保存されました」と表示が出たら設定完了です。

GoogleSearchConsole

 

 

ターゲットとする国を選択する

次に、運営サイトがターゲットとする国を選択します。

国を選択」をクリックしましょう。

GoogleSearchConsole

 

 

ターゲットユーザーの地域」を選択して、「保存」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

サイトマップを送信する

Googleクローラーにサイトマップを送信することで、

より効率的に自分のサイトを巡回してくれるようになります。

SEO効果も期待できますので、設定しておきましょう。

 

サイトマップを送信」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

次の画面右上の、「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

sitemap.xml」と入力して、「送信」をクリックします。

GoogleSearchConsole

 

 

ページを更新する」をクリックしましょう。

GoogleSearchConsole

 

 

サイトマップの送信設定が完了すると、このようにグラフが反映されます。

GoogleSearchConsole

 

 

以上で、Google Search Consoleへのサイト登録に必要な作業が全て完了しました。

 

少し登録作業が難しく感じるかもしれませんが、

ぜひこの解説記事を参考に1つずつ進めてみてくださいね。

 

 

とみー
WordPressでのブログ運営を行う人は、必ずGoogle Search Consoleにサイトを登録しておきましょう!

 

 

それでは、最後までお読み頂き有難うございました。

 

Google Serch Console

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学を卒業後、商社勤務を経て起業。 商社勤務時には、中国生産工場との貿易、東南アジア(バングラデシュ・ミャンマー・ベトナム)での海外駐在を経験し、物作りの現場から輸出入業務に携わる。 貿易実務経験を活かした輸入ビジネスと、ブログ・メルマガを活用したwebマーケティングが専門分野。